これら8つのVR作品が、トライベッカ映画祭で注目を集めた

写真拡大

アメリカ同時多発テロからニューヨークの復興を願って2002年から始まった「トライベッカ映画祭」。今年15回目を迎えたフェスティヴァルが4月13日〜24日マンハッタンで開催された。そのなかから、『WIRED』US版が選んだ素晴らしい「VR体験」ができる作品を紹介しよう。

SLIDE SHOW 「これら8つのVR作品が、トライベッカ映画祭で注目を集めた」の写真・リンク付きの記事はこちら
tribeca02

2/8The Turning Forest|BBC Research & DevelopmentとVRTOVによる短編アニメーション。作品は美しく、こちらもすべての年齢層向け。季節は秋、森の中で、紅葉が織りなす世界を満喫できる。木の葉がカサカサ音を立てるなか、サプライズも用意されており3Dオーディオのサウンドを楽しめる。もしあなたが『ネバー・エンディング・ストーリー』のファルコンが好きだというなら、荒っぽいドライヴ感に満足できるはずだとだけ伝えておこう。
IMAGE COURTESY OF BBC RESEARCH & DEVELOPMENT/VRTOV

tribeca03

3/8Notes on Blindness|制作者であるジョン・M・ハル自身の「視力の衰え」をカセットテープで表現した連作。もし目が見えなくなったらどのように感じるのか、没入体験によってシミュレーションできる。ナレーターのゆったりした声が、いま周りで何が起きているのかを説明するに従い、周囲は光の点の不鮮明な世界になっていく。複数の章からなっており、それぞれの章は公園から教会にたどり着くまでの異なる場面で構成されている。Gear VR、およびGoogle Cardboardで6月30日から鑑賞可能に。
IMAGE COURTESY OF NOTES ON BLINDNESS

tribeca04

4/8The Ark|本作の制作がスタートしたとき、地球上にはキタシロサイは4頭いた。しかし、いまや3頭を残すのみとなった。このドキュメンタリー作品では、絶滅危惧種の最後の生き残りに出会える。その存続がもう長くはないであろう種のもとを再訪する、革新的な新しいVRが出来上がった。このVR体験の興味深い側面はそれだけではない。フィルムメーカーのエライン・ジョングスマとケル・オニールは、シーンからシーンへとガイドする革新的な180度のワイプエフェクトを採用している。晩夏から初秋にかけてマルチプラットフォームでリリース予定だ。
IMAGE COURTESY OF THE ARK

tribeca05

5/8Seeking Pluto’s Frigid Heart|『ニューヨーク・タイムズ』(NYT)のVRスタジオによる最新作は、観る者を地球から何十億マイルも離れた、山脈と氷河で覆われた冥王星へ誘う。ここが「惑星」であるかどうかはともかく、人類はこの地に足を踏み入れたことはなく、これからも、VRでなければおそらく実現しないだろう。冥王星の極寒の風景は、昨年のニュー・ホライズンズのフライバイによって撮影された画像とデータを使用して再構築されたものである。NYT誌は、これから数週間のうちにはiOS & Androidアプリでローンチするのに併せて、30万台のGoogle Cardboardヘッドセットを出荷することを予定。5月19日よりNYT VRアプリとYouTube 360で利用可能に。
IMAGE COURTESY OF NEW YORK TIMES’ VR STUDIO

tribeca06

6/86 x 9|数年間に及ぶ禁固刑なんて、考えられない。たった9分間のヴァーチャル独房監禁でさえも不安なのに。『ガーディアン』紙のドキュメンタリー作品では、レンガで囲まれた6 × 9フィートの独房を見渡すと、何カ月間も本物の独房にいた囚人たちの声が聞こえてくる。彼らが経験した幻覚も、目の当たりにすることになるかもしれない。iOSとAndroid用のGuardian VRアプリで公開中
IMAGE COURTESY OF THE GUARDIAN

tribeca07

7/8S.E.N.S. VR|原作は、仏漫画家マルク=アントワーヌ・マチューのコミック。荒れた大地、狭い通路、そして雪の降る砂丘などのミステリアスなモノクロの世界に、あなたは迷い込むことになる。この世界では影だけが唯一の仲間だ。そこらじゅうに存在する矢印に従うのが、あなたのミッションだ。白、黒、そして灰色の世界は奇妙で、かつエレガント。ユニークな「VRの迷宮」がそこにある。9月中旬にOculus、Gear VR、Cardboardで体験可能に。
IMAGE COURTESY OF SENS VR

tribeca08

8/8Old Friend|これはミュージックヴィデオの未来なのだろうか? それとも、ただのダンスパーティか? 作品中はバンドリーダーの行進から始まり、やがてサイケデリックな空の下でエネルギッシュな音楽に合わせて腰を振り踊る、カラフルな変人たちに取り囲まれる。そのなかの誰かに目を向けると、夢に化けて出そうな狂気の表情であなたを見返してくるのだ。リリース時期未定。
IMAGE COURTESY OF OLD FRIEND

Prev Next

ヴァーチャルリアリティー(VR)の世界はまだ始まったばかりだが、急激に成長している。

昨年来、VR領域におけるイノヴェイションは急速に進んだ。絶え間なく続けられる実験的試みによって、ヴィデオグラファーがその編集技術やストーリーテリングの技を習得し、新たな境地も切り開くことにも貢献した。360度カメラを単に興味そそられる場所に置いてそれを鑑賞することに新鮮さを見出そうにも、もはや満足はできない。

RELATED

2016年のトライベッカ映画祭では、「実験的なストーリーテリング」と題されたショウケースにおいて、数点のVRプロジェクトが初公開された。VRアニメスタジオ・Penroseの革新的な作品『Allumette』(フランス語で「マッチ棒」)は、VRのなかでも最大のハイライトだったが、素晴らしいプロジェクトはそれだけではない。

ファミリー向け作品からジャーナリズム、コミック、サイケデリックなミュージックヴィデオ、そして未知に挑むレアな作品まで。広範なジャンルから8つの傑出したVR体験をお届けする。