モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(54)が、最強のデートカー、トヨタのアルファード/ヴェルファイアについて解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。かつて我々は若かりし頃、少しでも速くて高級なクルマに乗りたいと強く願い、それが叶うなら女断ちをしてもいい! くらいに思い詰めたものだ。しかし、今の若者はクルマ離れが著しく、「いつかはクラウン」などという言葉も古代語となって久しい。

 そんな時代にあって、現在も多くの日本人に憧れを抱かせている国産高級車がある。トヨタのアルファード/ヴェルファイアだ。この2台、顔付きと販売店網が違うだけで、中身はまったく同じである。

「なんだい、ワンボックスじゃないか!」

 出た!“ワンボックス”。確かに形としてはハイエースなどのワンボックスカーに似ているが、アルファード/ヴェルファイアは、「高級ミニバン」というカテゴリーに入る。あれをワンボックスと言ってしまった瞬間にオッサン扱いなので注意されたし。実はハイエースも若者に人気があるのだが、それについてはまた後日。

 実はこの「若者」には、女性も含まれている。若い美女たちは、クラウンにはサッパリ憧れないが、アルファード/ヴェルファイアにはものすごく憧れる。「ゆったりしててサイコー。お姫様気分」(某美女)なのである。

 そのせいもあって、アルファード/ヴェルファイアは驚くほど良く売れている。昨年1月に新型(3代目)になって以来、両車合計すると販売台数は毎月1万台近くに達する。平均約500万円もする高級車が月に1万台。クラウンの2倍以上だ。美女もカミさんも、アルファード/ヴェルファイアが大好きなのだ。

 なぜかといえば、威嚇が効いて見栄が張れて安心で快適だから。女性がクルマに望むすべてがここにある。ちなみに「速さ」はない。アルファード/ヴェルファイアは最速の3.5リットルモデルでも280馬力。約2tある車重に対してパワフルとは言えない。しかし女性にとって速さはむしろ邪魔。ゆったり安全に走ってくれるのが最良なのだから、「速くない」のもプラス要因かもしれない。

 売れ筋は2.5リットルエンジン+モーターのハイブリッドだが、これまたぜんぜん速くない。ハイブリッドモデルのカタログ燃費は18.4km/リットルと良好とはいえ、実燃費はせいぜい10km/リットル強。重さと空気抵抗で打ち消されてしまうのだ。しかし女性の「うわー、すご〜い。ステキ!」という声の前に、そんな事実は無力だ。

 運転すると、なにしろ重いし動きが鈍い。先代よりはマシになったが、それでも運痴のデブだ。カーマニアとしては遠慮したいが、ゆったりした室内や数々の豪華快適装備に惹かれて、ベンツやBMWなどからの買い替え客も多い。

 昨年末には、「ロイヤルラウンジ」なる超豪華な特装車も発売された。広々とした車体後部には飛行機のファーストクラス的な超ゴージャスシートが2脚のみ。24インチ液晶ディスプレイや冷蔵庫、マガジンラックなどの豪華装備は、ファーストクラスを超えたプライベートジェット感覚である。

 さらに「ロイヤルラウンジSP」なら、運転席ともパーテーションで仕切られているので、運転を運転手にまかせ、リアウインドウの液晶シェードを不透明状態にすることも可能である。価格は最高でなんと1546万円!

 アルファード/ヴェルファイアに対抗できる高級ミニバンは、メルセデス・ベンツVクラスくらいだが、あちらにはロイヤルラウンジ仕様はない。7人がゆったり乗れても温泉でシッポリするのは2人のみ。ムダである。オッサンの究極の夢は、アルファード/ヴェルファイアのロイヤルラウンジ仕様(運転手付き)で、美女と高級温泉宿へ──でキマリだろう。

※週刊ポスト2016年4月15日号