28日放送の「愛され女と独身有田」(日本テレビ系)で、井上和香が、夫で映画監督の飯塚健氏との初デートで「さして、かわいくない」と言われたことを明かした。

番組では井上が登場し、夫の飯塚監督との出会いから付き合うまでと、婚活テクニックを語った。井上と飯塚監督との出会いは2012年公開の映画「荒川アンダー ザ ブリッジ」だったという。

ふたりは撮影中は雑談しなかったそうだが、クランクアップ後に飯塚監督から映画鑑賞への誘いがあったらしい。井上はちょうど見たい映画だったため一緒に行ったのだとか。

映画が観終わってカフェで話をしている最中、飯塚監督が井上に「井上さんって、さしてかわいくないじゃないですか」と言い放ったのだとか。その一言に井上はびっくりしたものの、そんなことを面と向かって言う人物に出会ったことがなかったため、「斬新と思っちゃったんです。『おもしろいじゃん!』みたいな」と感じたということだった。

続けて飯塚監督が「僕のこと嫌いですか?」と聞いてきたため、井上は英語のLikeの意味で、「いや別に嫌いじゃない、好きですよ」と答えたと話す。ところが「はっきり言いますね」と反応されてしまい、井上は「あれ? あたし告白してる? っていう感覚に陥って」しまったらしい。

そこで飯塚監督が「付き合いませんか? どっちでもいいですけど」と尋ね、井上が「何を言い出すかわからないから、なんかおもしろいことあんじゃないかな、みたいな感覚」になり、「『じゃ、付き合います』って言っちゃいました」と承諾したそうだ。

【関連記事】
井上和香がタクシー運転手に激怒 赤ちゃんを邪険に扱われ「鬼の形相」
マツコ・デラックスが婚活ナースの訴えに納得「元気な若者は病院には来ない」
有田哲平 大沢ケイミの婚活テク3か条をバッサリ「キャバ嬢のテクニック」