世界初の“いちご型”バームクーヘン『苺ばうむプレミアム』

写真拡大

 ドイツ発祥のバームクーヘンといえば、中心にドーナツ状の穴がある樹木の年輪のような模様があるケーキ。しっとり食感で人気の定番スイーツに、見たことがないような“いちご型”のバームクーヘンが登場。そのキュートなビジュアルが話題になりそう。見た目だけでなく、生地にもこだわりの苺をピューレ状に練り込んだ、贅沢なケーキになっている。

<写真>バームクーヘンの中心には、苺餡がたっぷり

 新登場の『苺ばうむプレミアム』は、茨城にある日本最大級の苺栽培面積を持つ深作農園内にあるオープンキッチンバームクーヘン専門店「Farmkuchen Fukasaku(ファームクーヘン フカサク)」で開発。“いちご風味”ではなく“いちごの味”として満足してもらえるよう、土づくりからこだわって栽培した苺をピューレに加工し、バームクーヘンの生地に練り込んでいる。

 表面は苺の粒を表現するために、苺フレーズを細かくしてチョコレートに交ぜ、コーティング。バームクーヘンの中心には、苺餡がたっぷり詰まっている。ヘタの部分の色や大きさにいたるまでリアル感を追求したビジュアルにするため、開発には苦労したんだとか。サイズも横8センチ、縦22センチと手のひらよりも大きめのシェアタイプ。女子会などで手土産にしたら、盛り上がりそう。

【商品詳細】
『苺ばうむプレミアム』
税込価格:2400円
販売:Farmkuchen Fukasaku(深作農園内)、深作農園 通販サイト