17日、韓国人の若者の間で急増している虚言癖について韓国メディアが報じ、これに韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月17日、韓国・ソウル新聞は、韓国人の若者の間で急増している「虚言癖」の危険性について報じた。

日常的にうそをつく人格障害・虚言癖にかかる韓国人が、ここ2年で2倍に増えたという。特にSNSなどで自分を少しでも良く「演出」しようと日々気を配る若者の間での問題が深刻だ。まったく知らない人の写真を使って「医者の彼氏」と紹介する女性、有名人に成り済まして偽の活動をネットで報告する男性など、詐欺につながり警察沙汰になった例も少なくない。

こうしたネット上での虚言問題が広まったことで、虚言癖をパロディー化するサイトまで登場した。ここには、「ノーベル数学賞を受賞した」とか「資産が2000億ウォン(約190億円)ある」といったうその書き込みが毎日500以上アップされる。

患者からの相談を受けている専門家によると、患者は他人の評価に執着し、家族からの過度な期待に悩む20〜30代が多い。中には資格証や在職証明書を偽造して、うそを真実のように信じ込もうとする患者もいる。ある大学教授は、「患者は(疾患を)自覚できない場合が多いため、周りの人の継続的な関心が必要」と指摘した。

これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「逆に言えば、この社会が『看板』をそれだけ重視しているということ。相手が医者や弁護士だと分かると、なぜかすてきに見えたり…」
「どうせそのうちばれるのに、なんで苦労してうそをつくんだろう?」
「だいたいプライドの低い人に多いよね」

「周りを見てると、いい年して人格が駄目なやつが実に多い」
「本当にお金持ちで能力もある人は自慢をしない」
「最近みんなが虚勢を張ってるのは、病気だったのか」
「最近は、お金があるふりをするのも良くないと思う。金を貸してくれと言われるから」

「SNSが問題。みんな持ってるふり、うまく行ってるふり、虚勢ばかりだよ」
「でもそんなうそにすっかりだまされる人もいる」
「テレビでひどいドラマばかりやってるから、人もみんな駄目になった。これこそ韓流」(翻訳・編集/吉金)