厚木市の長男衰弱死で懲役19年 「残酷さは想像絶する」と厳しく指摘

ざっくり言うと

  • 22日、厚木市で5歳の長男を衰弱死させたとする父親に判決が言い渡された
  • 横浜地裁は、懲役19年を言い渡し「残酷さは想像を絶する」と厳しく指摘
  • これまでの裁判で被告は「事故のようなもの」と話し、殺意を否定していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング