明石家さんま

写真拡大

23日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)で、萩本欽一が、明石家さんまに対し「負けてもいい」との思いを抱いた過去を明かした。

番組では、ゲスト出演した萩本が、MCの爆笑問題のふたりとともに、芸能活動の思い出を振り返った。

萩本は「戦って勝つ者としか戦わない」という信条のもと、ザ・ドリフターズが得意とする作り物を駆使したネタを避け、一般人を相手とした芸風に軸足を移し、成功を収めたという。

やがて漫才ブームが訪れ、ビートたけしが台頭した後も、萩本のスタンスは変わらなかったという。たけしは当時、「ドリフターズと萩本をお笑い界の頂点から引きずり下ろす」と公言しており、お笑い界に下克上の雰囲気が漂っていたのだとか。

そんな萩本であったが、明石家さんまに対しては別の思いを抱いていたそう。さんまとは、「欽ちゃんのドンとやってみよう!」(フジテレビ系)で初めて共演したそうで、本番前に楽屋で顔を合わせたという。

しかし、ふたりとも意識し合うあまり、言葉をうまく交わせなかったそう。萩本はそこで、さんまの「申し訳ない」という気遣いを感じたそうで、コメディアン特有の「『負けるものか!』という気負いが途端になくなった」というのだ。

番組本番になると、さんまは打って変わって「やっつけてやる」と言わんばかりの話術を披露したそうだが、萩本は「コイツになら負けてもいい」「後が楽しみだな」などと思っていたという。

萩本は、自身にそうに思わせるのが「さんまの個性」と指摘し、爆笑問題をうならせていた。

【関連記事】
笑福亭鶴光が萩本欽一の言葉に理解を示しつつも異論を唱える「頂点に達した人が言える言葉」
太田光、萩本欽一を絶賛するビートたけしに厳しいツッコミ「こんなこと言うようになったんですね」
小堺一機、萩本欽一に弟子として認められていなかったことを明かす