提供:リアルライブ

写真拡大

 2014年、コント「未亡人朱美ちゃん3号」の「ダメよ〜、ダメダメ」というフレーズで大ブレークを果たしたお笑いコンビ・日本エレキテル連合。昨年は、イベントやテレビに引っ張りだこで、「ダメよ〜、ダメダメ」というフレーズが「2014ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれた。

 お笑い芸人が「流行語大賞」を受賞すると、「翌年に消える」というジンクスが囁かれているが、日本エレキテル連合の2人は、「流行語大賞」の受賞式で「ジンクスを断ち切る」と声高らかに宣言していた。しかし、昨年の勢いと比べるとやはり、テレビやイベントの出演数は激減。人気や話題は、8.6秒バズーカーやクマムシ、ピスタチオなどに奪われているのが現状だ。

 そんな中、ある意味話題となっているのが、日本エレキテル連合が出演しているYouTubeのテレビCMとネット広告だ。

 ネット上では「YouTuberになったのか」「YouTuberのCMの中でもエレキテル連合のCMは切なくなる」「いつの間にか消えたと思ったらYouTuberに成り下がってたのか」「YouTuberに堕ちたんすね」「YouTuberになっててわろた」「動画みたけどクソつまらない」「テレビから消えたからってYouTuberやってんじゃねーよ」などの意見が多数挙がっている。

 「日本エレキテル連合は、売れる前からYouTubeにネタをアップしていたので、改めてYouTuberになったワケではありません。話題を呼んでブレークしたのも、YouTubeにアップしていた動画がきっかけですからね。ただ、CMが目立っているので、そのような印象を受ける一般人が多いのも当然でしょう」(芸能記者)

 テレビ業界で生き抜いていくことも1つの方法だが、それが全てではない。ライブや営業で人気を獲得し、かなり稼いでいる芸人もいる。日本エレキテル連合が今後どのような活動をしていくのか、見守っていこう。