【AFP=時事】北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は9日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-un)朝鮮労働党委員長が米国を「最大の敵」だと述べたと報じた。金氏は米国のジョー・バイデン(Joe Biden)次期政権に対し、批判的なコメントを浴びせている。KCNAによると、金氏は5年ぶりに開かれた労働党大会で、米国は「わが国の革命にとって最大の障壁で最大の敵」だと評し、北朝鮮は打倒米国に集中して取り組んでいくべきだと述