小田急電鉄は11月4日、2021年春から最終列車を約20分繰り上げ、一部の始発列車を約10分繰り下げするダイヤ改正を実施すると発表した。新型コロナウイルスによる在宅勤務の浸透や外出機会の減少で乗降客数が減っているため。JR東日本は、9月に来春からの終電の約30分の繰り上げを発表しており、私鉄各社にも影響が及びそうだ。小田急は、「利用客の働き方や行動様式が従来の姿に戻ることはない」と予測する。終電から始発までの