育成ドラフト入団選手がスターダムにのし上がるというのは、今やホークスに限らずプロ野球界全体を見渡しても珍しくない。現役時代の小斉祐輔©時事通信社育成選手という制度。その初めてのドラフト会議(育成ドラフト)が行われたのは2005年の冬のことだった。現在と違い、第1回は支配下ドラフト会議とは別の日に行われた。同年12月1日にプロ野球の実行委員会が東京都内で行われ、育成のために支配下選手枠(1球団70