バイク販売台数激減で「絶滅の危機」ヤマハ発動機の奔走プレジデントオンライン

バイク販売台数激減で「絶滅の危機」ヤマハ発動機の奔走

ざっくり言うと

  • ここ数年、バイクの国内販売台数は40万台を割り込むほど激減している
  • ヤマハ発動機の社長は、バイクの絶滅に危機感をつのらせている
  • 業績向上には産業用ロボットなど新規事業の強化が重要になるという

ランキング