【AFP=時事】インドネシアのライオン航空(Lion Air)が運航する米航空機大手ボーイング(Boeing)737MAX型機が墜落した昨年10月の事故に関し、ボーイングと犠牲者遺族のうち11家族が和解に達した。遺族側代理人が25日明らかにした。同型機をめぐっては、昨年10月にインドネシア、今年3月にエチオピアで相次ぎ墜落事故が発生し、計346人が死亡した。和解が成立するのは両事故を通じて初めて。航空分野での訴訟を専門とするワ