5月に入ってエルサルバドルで加害者が「黒い未亡人」と呼ばれる事件の公判が初めて開かれた。従来、「黒い未亡人」といえば、チェチェン紛争で家族を失った女性たちが組織したイスラム主義テロ組織であったが、エルサルバドルのものはそれとは違う。それは、現在のエルサルバドルで勢力を伸ばしつつある凶暴な暴力組織が背後に控える恐るべき犯罪形態なのだ。◆組織的保険金殺人!?どういう犯罪なのか?まず暴力組織に恐喝さ