19日、韓国・文化日報は日本の歴史学者らが「慰安婦は売春婦」と主張していると報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。

写真拡大

2015年3月19日、韓国・文化日報は、安倍晋三首相の米国訪問を来月に控え、日本の歴史学者らが「慰安婦は売春婦である」と主張し、米国の教科書の慰安婦関連の記述の訂正を求めていると報じた。

【その他の写真】

文化日報は米紙ワシントン・ポストの報道を引用して、安倍内閣の河野談話検証に参加した日本大学名誉教授の秦郁彦氏ら19人の学者が先日、日本外国特派員協会(FCCJ)で行った会見で、米出版社マグロウヒルの歴史教科書の慰安婦に関する8カ所の記述に訂正を求めたと伝えた。秦氏は会見で、「売春婦は人類史上、いつの時代にもどの国にも存在しており、慰安婦が特別なカテゴリーで扱われるものではない」と述べたが、この発言が「慰安婦の女性たちを売春婦と表現した」として韓国で物議を醸している。

これについて、韓国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられた。

「本当に腹立たしい」
「良心のない学者だ」
「加害者側が被害者を売春婦に仕立てようとしているなんて」

「過去を忘れた民族に未来はない」
「こんな発言、誰も相手にしないだろう」

「この会見は、日本が過去の反省をする日が未来永劫、来ないことの証明だ」
「日本の右翼警戒論を拡散しないといけない」

「日本にも韓国にも国民を極端に扇動している者がいる」
「慰安婦には売春婦もいたが、強制的に連行され、性奴隷になった女性もいる」
「韓国人の中にも、従軍慰安婦を売春婦と思っている人もいる」(翻訳・編集/三田)