厳寒の中で下着の撮影に臨む小嶋陽菜 (画像はinstagram.com/nyanchan22より)

写真拡大

“こじはる”ことAKB48小嶋陽菜が、寒空の下で下着の撮影を行った時の写真をInstagramに投稿した。周囲のスタッフたちがダウンジャケットで防寒していることからもかなり寒いことが分かるが、こじはるだけが羽織ったコートから生足を出しており、その上に笑顔で地面を見つめている。その様子に読者もただならぬものを感じたのだろう、心配するコメントが続々と届いている。

1月15日の朝のニュースでは「厳寒続く関東南部は、雪の見込み」と伝えられた。気象データによるとこの日の東京地方は最低気温1.8℃、最高気温4.4℃、曇りとなっている。

こじはるが『小嶋陽菜 nyanchan22 Instagram』で「ゆ、ゆき降るかな? 外で下着で撮影ちゅー」と投稿した写真に反響が起きている。

「足が…」、「さむそう。大変だとおもうけど頑張ってね」、「信じられない!! こんな寒い日に! 風邪引かないでね」と体調を心配する者が多く、海外からも「女王菜党留下感動的眼泪!」、「take care」といったコメントが届くほどショッキングだったようだ。

また、こじはるが寒がるどころか微笑みながら地面を見ていることから「ふふふ、何か見つけた?」、「某スタジオの前ですね! 何やってるか覗いてたけどまさか居たんですね」と興味を持つ読者もいた。

実は、野口美佳・PEACH JOHN専務取締役が『MikaJohn(mikajohn) ツイッター』で同じく15日にこの撮影の件をツイートしており、その中に小嶋陽菜とのツーショットがあるのだ。

彼女は「わたしの誕生日プレゼントに、わざわざお手製クッキーを焼いてきてくれた子がいた」、「はるにゃん、忙しいのに手作りクッキーありがとう。びっくりした!」と、こじはるが『P』『J』という文字を入れて焼いたクッキーをくれたことに感激していた。

大島優子がAKB48の卒業を発表したこともあり、巷では「次はこじはる(が卒業)ではないか?」という憶測も飛んでいるが小嶋陽菜にはまだ頑張って欲しいものだ。パフォーマンスで引っ張るのはもちろんだが、後輩メンバーたちにこうした逆境でも頑張る姿勢や気配りの大切さを伝えてもらいたい。

※画像は『小嶋陽菜 nyanchan22 Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)