以前GIGAZINEではちょっとパソコンが苦手な女の子向けキーボード「KEYBOARD for Blondes」をご紹介しましたが、普段パソコンを使い慣れている一般ユーザーでも使うのをためらってしまうようなタッチタイプ上級者向けのキーボードがあります。

2009年2月4日 18:40 に追記しました。

詳細は以下から。
Essell.org: Journal: Just One Colour

残念ながらこちらは製品化されているわけではなく、最近のアップル製品の多色遣いの傾向(黒とシルバー、白とシルバーなど)に嫌気が差したイギリス人デザイナーのSteveさんが自分のキーボードを白のスプレーで塗ってしまったもので、Steveさん本人も「世界一かっこつけたキーボード」と認めています。

タッチタイプができない人は視野にないという狭いターゲット層のため、このような白一色のキーボードが製品化されることは難しいかもしれませんが、見た目は非常に洗練されているので、Steveさんの考えに共感できるタッチタイプ上級者の人はスプレーを買って挑戦してみるとよいかもしれません。

2009年2月4日 13:41 追記:
読者の方からのタレコミによると、白一色ではありませんが無刻印のキーボードというものは販売されているようです。

Happy Hacking Keyboard HHKB Professional2 | 無刻印モデル | PFU

2009年2月4日 18:40 追記:
さらに届いたタレコミによると、かつて白または黒一色で無刻印のキーボード「弐代目 これが打てるか!」というものが販売されていたようです。

タッチタイプの練習にも最適な無刻印キーボード──「弐代目 これが打てるか!」 - デジタル - 日経トレンディネット

・関連記事
キーボードで植物栽培 - GIGAZINE

全キートップが有機ELディスプレイのキーボード「Optimus Maximus」の実物写真 - GIGAZINE

わずか11mmの薄さのキーボード「diNovo Edge」 - GIGAZINE

DELLのキーボード配列がおかしいことが判明 - GIGAZINE

どこかへエスケープしようとするEscキー - GIGAZINE

QWERTY配列キーボードの記念碑 - GIGAZINE

キーボードを打ちながら食事する人のためのトレイ - GIGAZINE

アップルのロゴとiPodのシルエットが入ったホンモノのリンゴ - GIGAZINE

記事全文へ