追及スクープ! 三浦瑠麗 夫の会社に「コロナ給付金約550万円」不正受給疑惑

写真拡大 (全4枚)

国際政治学者・三浦瑠麗氏(42)の夫であり、投資会社トライベイキャピタル(以下「トライベイ」)代表の三浦清志氏(43)が、3月7日に東京地検特捜部に逮捕された。4億2000万円の業務上横領容疑だ。そんな中、本誌は夫妻の別の”グレーなビジネス”をつかんでいた。

東京・永田町にあるトライベイは、国会にほど近いビルの1階にオフィスを構えている。通りに面したガラス張りの外壁の向こうに、清志氏の執務室が見える。

間仕切りで確保されたこうした個人用執務スペースは5つ。通りから最も奥まったところにある一角は、瑠麗氏が使っている。このオフィスには、瑠麗氏が代表のシンクタンク「山猫総合研究所(以下「山猫」)」も入居しているのだ。

’20年10月下旬のある日、清志氏が自身の執務室から出てくると、瑠麗氏の部屋に向かいながら従業員に声をかけた。

「あれ、どうなった」

トライベイはこの少し前、中小企業庁に「家賃支援給付金」を申請していた。新型コロナの蔓延に伴って、売り上げが減った企業を支援するための国の事業である。清志氏は、三井住友銀行麻布支店に設けた同社の普通預金口座に、予定どおり約520万円が入金されたことを確認すると、親指を立ててこう言ったという。

「グッジョブ!(よくやった)」

本誌は今回、複数のトライベイ関係者を取材。彼らの証言から、トライベイが国や自治体が用意した各種コロナ給付金を不正に受けとっていた疑惑をつかんだ。

「操作すればいい」

「給付金を取りにいけ」

清志氏が従業員に指示を飛ばしたのは、’20年10月の初め頃だった。最初に狙いをつけたのが、中小企業庁の「家賃支援給付金」だった。’20年の5月以降、1ヵ月の売り上げが前年同月と比べて50%以上減った企業などを対象に、最大で600万円を支給する制度だ。ただ、’20年10月時点でトライベイはこの条件を満たしていなかった。前年と比べても遜色(そんしょく)ない収入が見込まれていたのである。

清志氏らがこうした議論をしていると、執務室から出てきた瑠麗氏が口を挟んだ。

「売り上げなんて数ヵ月ずらして操作すればいい。バカ正直に計上しなくたっていい」

そのうえで瑠麗氏はこうも言い放った。

「政府なんて、ばらまいてナンボでしょう。国がカネをタダでくれるんだから、もらいにいかない手はない」

三浦夫妻のこれらの指示に基づき、給付金は申請されたとみられる。さらにトライベイ関係者が次のように打ち明ける。

「トライベイが、売上額を操作して申請した給付金はまだある。それが東京都の『家賃等支援給付金』です。’21年3月に約30万円を受けとっています」

こうして同社は、少なくとも約550万円を不正受給した可能性があるのだ。三浦夫妻は疑惑にどう答えるのか。

3月2日午前、オフィスビル裏口から出てきた清志氏に声をかけたが、一瞥(いちべつ)もせずに車に乗りこんだ。同日午後、オフィスから現れた瑠麗氏に「フライデーです」と呼びかけたが、「はい」とほほ笑むだけで質問には答えなかった。その翌日、瑠麗氏の携帯電話を鳴らした。

――トライベイが給付金を申請するにあたって、瑠麗さんが働きかけをした?

「あの、えーと、そんな、そんな突飛なことを聞いたことがないので、あの、取材はちゃんとしたルートでやってきてください。じゃあ、失礼しますね、はーい」

トライベイと山猫に質問状を送ったが、トライベイから期限内に回答はなかった。山猫は「(トライベイは)別会社ですので、補助金を申請していたかどうかも含めて関知しません」と回答した。

特捜部に逮捕された清志氏は「無罪を主張していく」とコメントを発表。一方の瑠麗氏は夫の逮捕を受けて「夫を支えながら推移を見守りたい」と声明を出した。だが、給付金をめぐっては”疑惑の当事者”として脚光を浴びる可能性がある。

『FRIDAY』2023年3月24日号より