「伊藤さんと妻のA子さんとの間で、離婚調停が始まるという記事を読んで、A子さんは正直困惑していました。記事には、事実と違う点が多くあったからです。まず、記事では伊藤さんが子どもと現在も同居中とありましたが、現在はA子さんと一緒に暮らしています。また、離婚調停に至った原因について、性格の不一致が大きかったように書かれていますが、最大の原因は、伊藤さんのお姉さんにあったんです。記事にはそれが全く触れられていない。どうしてなんだろうとA子さんは嘆いていました」(A子さんと親しい知人)

【写真】この記事の写真を見る(7枚)

(全2回の1回目。つづきを読む)


伊藤一朗と持田香織(2018年) ©️時事通信社

いつしか奥さんの方が完全に立場が上になった

 今年8月にデビュー25周年を迎える音楽ユニット「Every Little Thing(以下ELT)」のギタリスト・伊藤一朗(53)と18歳年下の妻・A子さん(35)との間で離婚調停が進んでいることを「女性セブン」(6月24日号)が報じた。

 記事によると、伊藤は2011年にA子さんと結婚。その後、19年夏頃から性格の不一致によるすれ違いが続き、夫婦関係に大きな問題が生じた。その頃から伊藤の“激やせ”を心配する声がSNS上で広がったが、ついに今年6月には離婚に向けての調停が始まる予定だという。スポーツ紙記者が説明する。

「これまで伊藤さんのプライベートはほとんど明かされていませんでしたが、記事では伊藤さんの知人の証言として、結婚当初は性格が上手くかみ合っていたが、いつしか奥さんの方が完全に立場が上になったと明かされました。伊藤さんは個人会社を設立して取締役に奥さんを就かせていたそうですが、奥さんが個人会社を辞任し、19年から別居が始まったと報じられています。今年の春から双方が弁護士を立てて離婚について話し合い、最近、親権を巡る離婚調停の手続きが始まった。伊藤さんは親権について『絶対に渡せない』と周囲に話しているそうです」

“いっくん”の愛称で親しまれ、YouTubeでは新たなファンも獲得

 1996年に持田香織(43)がボーカルを務めるELTのギタリストとしてデビューした伊藤は、ELTのメンバーとして97年から8年連続でNHK「紅白歌合戦」に出場。バラエティー番組でも素朴な天然キャラで人気となり、“いっくん”の愛称で親しまれた。2019年6月にはYouTubeチャンネル「ELT 伊藤一朗 いっくんTV」を開設。「アンパンマンのマーチ」をギターで弾いたり、仮面ライダーの玩具を紹介したりと、特技と趣味を活かした番組を配信。チャンネル登録者数は10万人を超え、新たなファンを獲得しつつあった。

 そんな中で起こった「離婚騒動」。冒頭にコメントしたA子さんの知人が続ける。

「別居報道が出たのは、伊藤さん側からA子さんの代理人に離婚調停の連絡があった翌日だったそうです。

A子さんが何か尋ねても5、6時間黙ってしまうのが普通だった

 伊藤さんはプライベートでもテレビの“いっくん”そのままで口数が少ない。良くも悪くもキャラ通りで、2011年の結婚当初からA子さんが何かを尋ねても5、6時間黙ってしまうことが普通にあったそうです。のんびりしていて、10年近い夫婦生活の中でも自分で何かを考えて発言したことは数えるほどだったそうです。

 一方のA子さんはサッパリした性格で、思い立ったら即行動に移すタイプ。2012年に、子どもを授かり、家族が増えて支出も多くなるので伊藤さんには副業で収入を補ってほしいという思いもあったそうです。そこで、伊藤さんにSNSを開設したり、ギター教室を開いてみるなど、新たなビジネスをやってみるように勧めましたが、伊藤さんは『僕はね、給料制で歩合は少しだから。これ以上働いてもほとんど給料は変わらないから。それ以上は働かない方がいい』と返答。新たなビジネスには消極的でした」

自ら設立した会社なのに、知らずに解任されていたA子さん

 それまでELTのメンバーとして持田と全国ツアーを回っていた伊藤だったが、2016年のコンサートを最後に持田はソロ活動に重点を置き、ELTとしてのコンサートは行われていない。その影響は如実に現れ、伊藤の仕事は打ち合わせも含めて月に7、8回に激減した。しかし、伊藤は子どもの子育てを手伝うわけでもなく、部屋に引きこもってギターを弾くばかりだったという。A子さんは自ら法務局へ足を運び、節税対策や不動産投資のために伊藤を代表にして2016年6月に個人会社「I」を設立した。

「家族の将来を考え、A子さんは副業などのビジネス展開を考えて書類を作成し、伊藤さん本人に会社設立の経緯を説明して、印鑑を押してもらい、会社を作りました。当初は夫婦で不動産運用などを行っていましたが、2018年に夫婦関係に亀裂が入ると、会社設立から取締役を務めていたA子さんが2019年3月に一方的に解任された。これまで役員報酬などのお金ももらったこともなく、登記簿を確認して初めて自分の解任を知ったそうです」(同前)

伊藤はデートで自分を「しがないサラリーマンみたいなもの」と表現

 伊藤とA子さんの出会いは結婚する約1年前の2010年7月。六本木のサパークラブで行われたある芸能人のバースデーパーティーだった。友人と3人で来ていた伊藤と、女友達と一緒だったA子さんは15分ほど立ち話をして連絡先を交換。その2日後、A子さんのスマホに伊藤から電話があり、デートを重ねたという。前出の知人が語る。

「A子さんはELTの曲は知っていましたが、伊藤さんがそのギタリストだということは初めは気づかなかったそうです。2回目の食事の時に会話などから気になって、A子さんのほうから『バンドか何かやられてましたよね?』と聞いたら、伊藤さんは『しがないサラリーマンみたいなものです』と答え、最後にはELTのギタリストをしていることを話した。A子さんはちょっとほっとけないなという思いにかられて、3回目のデートで付き合うことになったんです。A子さんと付き合う前は、『服にお金をかけたくない』と言っていた伊藤さんの私服は革ジャンに革パンでしたが、付き合い始めてからA子さんのアドバイスでジャケットを着るようになるなど雰囲気が変わりました」

もし、信仰を強要されるようなら、そういう相手とは結婚できない

 おっとりした伊藤を裏でサポートするA子さん。2人は2011年のクリスマスイブに入籍し、2012年に愛息を授かった。だが、出産直後にある“疑惑”が浮上する。A子さんの親族が打ち明ける。

「A子は結婚前に相手に必ず確認することとして『宗教に入信してないか』を聞くことに決めていたそうです。A子自身は無宗教で、宗教自体を忌避しているわけではありませんが、将来、お布施などについて金銭問題が生じることが不安だったり、子どもが勧誘されるかもしれないと思っていたようです。もし、信仰を強要されるようなら、そういう相手とは結婚できないと一朗さんに言ったら、一朗さんも『そうだね、俺は入っていない』と応じていたそうです。

実家で某宗教団体のパンフレットを渡されて…

 しかし、出産後に神奈川にある一朗さんの実家へ遊びに行ったら、帰り際に一朗さんの両親からノートとペンに加えて、某宗教団体の設立からの歴史が書かれたパンフレットを渡されたそうです。さすがに違和感を覚えたA子は帰りの車内で一朗さんに『宗教とか入ってないよね?』と聞いた。一朗さんは『俺は知らない』と言ったきり、何を聞いてもずっと黙ったままだったそうです。

 翌年にまた実家へ行ったときも義母に『心を落ち着かせるために仏壇に手を合わせることも覚えておくといいわよ』と、仏壇に手を合わさせられたそうです。一朗さんはいつも『俺は入ってない』という言い方だったそうですが、結婚して数年後には『母親は(宗教に)入っているけど、俺は入っていない』と言い出したそうです。

2018年9月には伊藤の同意を得て、1度目の別居に

 A子と一朗さんと息子と3人で産後のお宮参りで明治神宮へ行ったときにはこんなことがあったそうです。A子が鳥居の真ん中を通ろうとしたら、『鳥居の真ん中を通っちゃダメなんだよ。端を通らなきゃいけないんだよ』と、一朗さんに言われたと。A子が言われた通り、端を通ると一朗さんは鳥居の外側を通ったそうです。A子が『端すぎるでしょ』と言ったら、『これが礼儀です』と、少し誤魔化す感じで話していたそうです。これは、先の某宗教団体の教えそのもので、一朗さんは宗教上の理由で鳥居をくぐれなかったようです」

 その後、子育てや末っ子の出産を控えていたため、事を荒だてるのを避けてきたが、A子さんは「宗教のことを知っていたら結婚しなかったのに」という思いを抱えてきた。結婚して5年目の2016年には宗教のことや、家庭のことなどを相談しても“現状維持”を最優先する伊藤の考え方についていけず、離婚するしかないと考えるようになったという。そして、2018年9月には、「性格の不一致」が原因で、伊藤の同意を経て1度目の別居に至ったのだという。

(#2へつづく)

「ゴミ屋敷となった実家で3トンのゴミを処分」離婚調停開始・ELT伊藤一朗(53)の妻を直撃 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))