3、4月に新規契約したメイン利用のスマホ、1位は「ahamo」、2位は「Rakuten UN-LIMIT VI」

写真拡大

 MMD研究所は5月18日、18〜69歳の男女を対象に実施した「2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査」の結果を発表した。メイン利用のスマートフォン(スマホ)を2021年3、4月に契約した人(3708人)に通信サービスを尋ねた質問では、「ahamo」(22.9%)がもっとも多く、以下「Rakuten UN-LIMIT VI」(18.7%)、「povo」(12.6%)という順番になった。

 同調査は、4月20〜22日の期間に行われ、予備調査では18〜69歳の男女4万人、3月以降に新たに通信会社契約を行った人を対象にした本調査では1100人から有効回答を得た。

 予備調査として、4万人にメイン利用のスマホを契約した通信サービスを把握しているかを尋ねたところ、88.6%が契約を把握していると答えており、メイン利用のスマホを契約した時期としては「2021年3、4月」が10.5%に達した。

 メイン利用のスマホを2021年3、4月に契約した人の、契約している通信サービス別で年代をみると、「ahamo」「povo」「LINEMO」は20代が多く、「Rakuten UN-LIMIT VI」は40代が多かった。

 1100人の本調査では、メイン利用のスマホを2021年3、4月に契約した人(1062人)に、メイン利用のスマホを契約する前に利用していた通信会社を尋ねたところ、ahamoユーザーでは「NTTドコモ」(48.0%)が最多で、他キャリアからのユーザーは33.0%となっている。

 povoユーザーは「KDDI」(63.0%)が最多で他キャリアからは22.0%、LINEMOユーザーは「ソフトバンク」(52.0%)が最多で他キャリアからは36.0%、Rakuten UN-LIMIT VIユーザーは「楽天モバイル」(43.0%)が最多で他キャリアからは52.0%だった。

 メイン利用のスマホを契約した通信サービスを把握している人(3万5438人)に対し、現在利用している通信サービスから他社へ乗り換えるかを尋ねた質問では、11.2%が乗り換えを検討しており、そのうち具体的な乗り換え先を決めている人は84.5%に達している。 具体的な乗り換え先を決めている人(3349に)に、もっとも乗り換えを検討している通信サービスを尋ねたところ、「Rakuten UN-LIMIT VI」(26.5%)がもっとも多く、「Y!mobile」(14.3%)、「ahamo」(13.1%)がそれに続く結果となった。