肉とお米を組み合わせたライスバーガーはファストフード店などでも見かけることのある商品。間違いない組み合わせでおいしいから、よく食べているという方もいると思いますが、最近セブン-イレブンでも販売が開始されたことをご存じですか?

牛カルビのライスバーガー

セブン-イレブンは2021年4月27日(火)に、「ライスバーガー炭火焼牛カルビ」を発売しました。

炭火で焼いた牛カルビを香ばしい焼おにぎりで挟んだボリュームたっぷりのライスバーガーです。セブン-イレブンの公式Twitterアカウントによると、“腹ペコさんのつよ〜い味方”で“ガブっと頬張った途端、笑顔になっちゃう美味しさ”なのだとか。

商品価格は税込321円で、熱量は411kcalです。

賛否ありそうだけど個人的にはアリ!

同商品に関するSNS上の反応を見てみると、「想像以上にうまい」や「めっちゃおいしい」「感動する」などのように高評価な声が挙がっている一方で、「味はいいけど食べづらい」「肉が少ない」「米がかたい」などのように少しネガティブな声も見受けられます。そこで筆者も実際に食べてみることに。

電子レンジ(500W)で1分20秒温めれば完成するんですが、商品パッケージには「必要以上に加熱しないでください」という注意書きがあります。そのため、時間どおりにレンチンして食べてみたところ……。

前述の「米がかたい」という声に納得。焼おにぎりのほとんどの部分はきちんと温まっているし、モチッと柔らかくて香ばしい味わいに仕上がっているんですが、少しだけ冷たくてかたい部分がありました。使用する電子レンジによっては、加熱時間の調整が必要ですね。

とはいえ、そのほかは文句なしのおいしさ! 「肉が少ない」という声もチラホラと見受けられましたが、個人的には十分すぎる量がサンドされています。甘めに味付けされた牛カルビはジューシーでうまみが強く、炭火焼独特の風味もちゃんとあり、焼おにぎりとよくあっています。

ちなみに食べづらさに関しては、たしかにそのとおりかも。紙の容器に入っているんですが、あまりよさを感じられず……。昔の話になりますが、am/pmで販売されていたライスバーガーのような包み紙タイプのほうが食べやすいかもしれませんね。(文・奈古善晴/オルメカ)