TBSのドラマ出演が多い東京03(公式HPより)

写真拡大

 4月クールの連続ドラマが次々とスタート。最近のドラマにはお笑い芸人が役者として出演するケースが増えているが、特徴的なのがTBSだ。人力舎に所属する芸人を相次いで起用しているのだ。その理由とは?コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【写真】アンジャッシュ児島は渡部の騒動以降、役者としても評価がぐんぐんアップ

 * * *
 16日夜、北川景子さんの出産後連ドラ復帰作となる『リコカツ』(TBS系)がスタートしました。さらに、放送直後に配信されたスピンオフドラマ『リコハイ!!』(Paravi)で注目を集めているのは、東京03の豊本明長さん。

 豊本明長さんと聞いて「あっ、また人力舎の芸人がドラマに出るのか」と思った人は、なかなかの芸能通。近年、東京03が所属する芸能事務所・プロダクション人力舎の芸人たちが次々にドラマ出演し、なかでもTBSは狙い撃ちするようにオファーを出し続けているのです。

 ここ3年あまりの出演作だけをピックアップしても、アンジャッシュの児嶋一哉さんは2020年の『半沢直樹』。北陽の伊藤さおりさんは2018年の『義母と娘のブルース』と2019年の『グッドワイフ』。ドランクドラゴンの鈴木拓さんは2019年の『グッドワイフ』と2020年の『恋はつづくよどこまでも』、塚地武雅さんは2018年の『99.9 -刑事専門弁護士-』と2019年の『グランメゾン東京』。

 おぎやはぎの小木博明さんは2019年の『G線上のあなたと私』、矢作兼さんは2020年の『恋する母たち』。東京03の飯塚悟志さんは2020年の『この恋あたためますか』、角田晃広さんは2020年の『半沢直樹』。今野浩喜さんは2018年の『ブラックペアン』『下町ロケット』と2020年の『テセウスの船』。ラバーガールの飛永翼さんは2019年の『ノーサイド・ゲーム』に出演しました。

 これらの中には1話のみのゲスト出演だけでなく、主要キャストとしてのレギュラー出演も多く、近年その傾向が加速しています。しかも演技力に優れた特定の個人に集中しているのではなく、東京03のようにメンバー全員がオファーを受けているケースもあるのが凄いところ。なぜTBSは、まるでプロダクション人力舎という事務所を指名買いするように所属芸人たちへのオファーを続けているのでしょうか。

伝統的にコント巧者がそろう事務所

 人力舎と言えば、かつてシティーボーイズ、竹中直人さん、B21スペシャルらが所属していたことで知られ、現在の所属芸人に至るまで、伝統的にコント巧者の多さが事務所のカラーになっています。

 実際、自由な発想で作り込まれたコントで、東京03とキングオブコメディが『キングオブコント』(TBS系)の王者になりましたが、ネタのベースとなっているのが芸人たちの演技力。強烈な個性を放ちながら、どこかリアリティを感じさせられる人力舎芸人たちの演技力はテレビ業界でも評判がよく、ドラマ出演に最適な存在なのです。

 次にドラマ制作の事情を挙げると、昨今の連ドラはシリアス一辺倒の作風では「暗い気持ちになる」と敬遠される傾向があり、その対策として息抜きとなるようなコメディパートを挿入することが定番になりました。人力舎の芸人たちは、そのコメディパートに脱力したムードと笑いをもたらす貴重な存在。経験豊富な俳優たちの中に入っても演技力の面で不安はなく、ストーリーのアクセントになれるのです。

 また、人力舎の芸人はバラエティに出演する際、吉本興業、ワタナベエンターテインメント、太田プロダクションなど他事務所の芸人と比べると、「前へ前へ」と出たり、大声を張ったりするようなアクの強さを武器にしていません。そのため、「ドラマの役柄を演じるときに先入観なく見てもらいやすい」というメリットがあります。

 さらに、もう1つ見逃せないポイントは、番宣出演での活躍が期待できること。もちろん重要なのはドラマでの演技ですが、その上で番宣に貢献できることが芸人たちを起用するメリットの1つになっているのです。

 たとえば、バラエティのトークやゲームにしても、情報番組への生出演にしても、芸人が一緒に出演することで主演俳優たちのサポートが可能。これは人力舎の芸人に限ったことではないものの、演技力と番宣の2つが期待されていることは間違いないでしょう。

期待を集める『THE W』女王の吉住

 TBSを筆頭にドラマ出演が増えた人力舎の芸人たちは、お笑い好き以外への認知度がグンとアップ。東京03のような「ライブが即完売」「CM出演が増える」などのさらなる成功につながるケースも見られるようになっています。

 その意味で今後の期待は、昨年12月14日に生放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で4代目女王に輝いた吉住さん。一人コントで見せる演技力はネタの完成度と同等レベルの評価を得ていますし、昨年からのラブコメブームで女性芸人の出演チャンスが増えるという追い風もあります。現在31歳の吉住さんは演じられる役柄の多い年齢であり、もはや「いつどのドラマに出るか」の秒読み状態ではないでしょうか。

 メリットばかりでデメリットがほとんどないことから、今後もTBSを中心に各局は人力舎の芸人たちを起用し続けるでしょう。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。