かつては清純派(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 根強い人気を誇る“バス旅”番組。俳優の田中要次&芥川賞作家の羽田圭介コンビによる「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」(テレビ東京系)もそのひとつ。

鈴木杏樹の涙の謝罪に貴城けいが入っていなかったモヤモヤ

 昨年12月26日には3時間半のスペシャル拡大版を放送、旅のマドンナは女優・鈴木杏樹(51)だった。

 過酷なバス旅中に垣間見える芸能人の“素”とおぼしき表情も楽しみのひとつなのだが、それだけにちょっとした言動で印象が大きく変わってしまう可能性もある。

「田中・羽田コンビにはずっと賛否両論があり、昨年の新春放送でも〈田中要次、やる気なさすぎ〉〈田中さんは飯と風呂しか言えないの?〉などと“プチ炎上”した。また、バス旅はマドンナ次第で雰囲気が大きく変わるのが面白さでもあるため、今回は杏樹さんにも注目が集まっていたのですが……」(番組制作会社スタッフ)

 鈴木といえば、やはり思い出されるのは、昨年2月に報道された俳優の喜多村緑郎(52)との不倫騒動。喜多村は女優で元宝塚のトップスターである貴城けい(46)という妻を持つ身でありながら、離婚をにおわせて鈴木を口説いたなどと報じられている。

「当時は、〈だまされた鈴木さんがかわいそう〉なんて同情論もありましたが、圧倒的に多かったのは〈清純派と思っていたのにイメージダウン〉〈奥さんに謝るべき〉などの声だったように思います」と話すのは芸能ライターの山下真夏氏だ。

■チャンスのはずが…

 あの騒動以降、鈴木の姿をテレビで見ることはめっきり少なくなった。それだけに今回のバス旅出演は、イメージアップのチャンスとなるはずだったのだが……。山下氏は「残念ながら、そうはならなかったようですね」と、こう続ける。

「旅の前半で鈴木さんは羽田さんに攻撃的な物言いを繰り返し、それが悪目立ちしてしまった。また、自分が恨むのはいいけど、恨まれるのは嫌というような内容の言葉を発し、これにはネット上も〈どの口が言う〉とあきれ口調。最後には羽田さんのことも褒め、よく歩いて過酷な旅を頑張って乗り切ったと思うのですが、どうも視聴者は〈本性が見えた〉などといい印象を受けなかったようなんです」

 多少わがままなマドンナの方が番組も盛り上がるかとも思うが、確かにネット上には〈自分勝手〉〈性格がきつそう〉〈田中さんには、なぜか媚びてた〉など鈴木に対して辛辣なコメントが。

■喜多村・貴城夫婦はいまだ別居中 また、「週刊女性PRIME」(1月5日付)が喜多村と貴城がいまだ別居中であることを報じた。世間は再び、あの不倫騒動を思い出してしまったようで、〈鈴木さんにいい印象は持てない〉なんて書き込みも。バス旅が“みそぎ旅”とはいかなかったようだ。