和田アキ子

写真拡大

 歌手、和田アキ子(70)が17日、パーソナリティを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演。不倫問題で日本水泳連盟から年内の活動停止処分を科された瀬戸大也(26)について言及した。

 瀬戸は9月23日に夫人でない女性とラブホテルに入ったと報じられ、事実と認めて謝罪。不倫の代償は大きく、東京五輪の競泳日本代表主将を辞退。9月末に所属先だったANAとの契約が解除となり、日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権事業「シンボルアスリート」からも外れた。

 また今月13日、日本水連はオンラインで開いた臨時常務理事会で、瀬戸について「スポーツマンシップに違反した」などとして、年内の活動停止処分を科した。参戦を検討していた10〜11月にブダペストで開かれる国際リーグ(ISL)や12月の日本選手権に出場できなくなり、五輪への強化プランは大きく狂うことになったが、瀬戸はコメントを発表して「一からやり直す覚悟で真摯(しんし)に水泳に向き合っていきたいと思います」と誓った。

 瀬戸の騒動に「もったいないね、ほんとに」と和田。競泳でただ一人五輪代表に決まっていた金メダル候補だっただけに「毎回言うけど、金(メダル)一つ減ったで」とぼやき、「不倫に差をつけちゃいけないけど、なんとかなんないのかな…。チャンス与えてあげてほしいけど」と悩ましげにコメント。

 続けて瀬戸の「一からやり直す覚悟」というコメントに触れ、「そのモチベーションだけは捨てないで、ずっと持ち続けてほしいね」と語った。