幻のヘビとも呼ばれる「シロマダラ」高校生らが山中で発見

ざっくり言うと

  • 福岡県篠栗町の山中で高校生らが幻のヘビとされる「シロマダラ」を発見した
  • 全長は約23センチで幼体とみられ、生きた状態で見つかるのは珍しいという
  • 同ヘビは田畑や山間部に生息するが、小型で夜行性のため目撃例が少ないそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x