コンビニから出てきた秋山

写真拡大

 8月中旬の都内で、コンビニエンスストアから大きなリュックを背負って出てきたのは、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次(42才)。カメラのISO感度を最大限に上げて撮らないと、夜の暗さに溶け込んでしまうほど黒く日焼けしている。

【写真】まさに闇夜に溶け込んでいる?ロバート秋山の真っ黒に焼けた日焼け姿

 この体を生かして、故梅宮辰夫さん(享年81)のお面をかぶる“体ものまね”などで、バラエティー番組で人気を確立させてきた秋山。

 あるお笑い芸能事務所のマネジャーは「ロバートは、9年前の『キング・オブ・コント』で優勝したが、秋山さんが天才と言われるお笑いセンスをさらに発揮してきたのは、5年前から配信し続けているYouTube『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』です」と話す。

 秋山が、架空の著名人に扮して『情熱大陸』(TBS系)や『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)のようなドキュメンタリー風コントを配信。チャンネル登録者数約58万人、100万回再生以上の動画をいくつも生み出してきた。まさに、芸能人YouTubeの先駆けなのだ。

 前出のマネジャーは「毎日、インスタントな内容を配信するのではなく、動画1本1本を丁寧に作り込んで公開するので、どれもクオリティーがピカイチ。天才型、憑依型と称えられていますが、まさにお笑いの職人です」。

 酒もたばこもやらずに、ひたすらお笑いを追求するタイプだというのだ。そんな秋山だが、今年は新型コロナウイルスの自粛期間中に気力を失っていたという。

 秋山を知るある後輩芸人は「自粛期間中は、サロンの休業もあってか、子供のころから続けていた日焼けもやめていたんです」と明かす。自粛生活で仕事が無くなった時期は、珍しく「笑かすことが無くなってきて、このままいくと(笑かす)欲が無くなってくるかも」とボヤくほどだった。

 しかし、自粛が明けて、日サロ通いも再開。今では、同じサロンに通うモデルのみちょぱ(21才)と情報交換をしながら、どちらが先に元の黒さに戻れるか競い合っているという。8月29日には、『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)などで、その才能をぶつけ合っているバカリズム(44才)と、特番『バカリ&秋山のしんどい家に生まれました!!〜今なら笑えるトンデモ人生〜』(テレビ東京系)に出演するなど、意欲も戻ってきた。

 これからも、ますます黒くなって、独特の笑いを量産し続けてほしい。