愛息を自家用機で大学まで送り届けたハリソン・フォード&キャリスタ・フロックハート夫妻

写真拡大

俳優ハリソン・フォードと女優キャリスタ・フロックハートが、このほど一人息子のリアムさんをマサチューセッツ州にある大学まで自家用機で送り届ける様子がキャッチされた。アビエーターサングラスをかけたハリソンが、自家用機から颯爽と降りてくる姿は映画のワンシーンさながら。78歳という年齢を感じさせない映画スターのオーラと、ハリウッドセレブらしいゴージャスなライフスタイルが注目を集めた。

『スター・ウォーズ』シリーズのハン・ソロや『インディ・ジョーンズ』シリーズのインディ・ジョーンズなど、長年にわたりアメリカ映画を代表するヒーローを演じてきたハリソン・フォード(78)。プライベートでは2度の離婚を経て、『アリーmy Love』でおなじみの女優キャリスタ・フロックハート(55)と2010年に再々婚した。

キャリスタにはハリソンとの結婚前に迎えた養子リアムさんがおり、結婚後はハリソンも自身の息子と同じようにリアムさんに愛情を注いできた。そんなリアムさんは昨年、マサチューセッツ州にある名門私立のアマースト大学(Amherst College)に合格している。米時間20日には、まもなく開講する秋からのコースに備えて再びキャンパスに戻ったリアムさんだが、この日は継父ハリソンの操縦する自家用機で空港に着陸する様子がキャッチされた。

空港ではYシャツにドレスパンツ、アビエーターサングラス姿のハリソンが自家用機から颯爽と降り立つ姿や、ベージュのセーター&ジーンズに赤いスニーカーを合わせたキャリスタが3匹の犬を散歩させる光景、そしてグレーのTシャツ&黒のジーンズにメガネをかけたリアムさんがボストンバッグを抱えて歩く様子などが目撃されている。3人はそこからリアムさんの通うアマースト大学まで車で移動し、キャンパスに到着後はキスとハグを交わし、互いにしばしの別れを告げたようだ。

アメリカでは現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により秋からのコースをオンラインのみの開講とする学校も少なくないほか、大学寮の閉鎖や収容人数に制限をもうけるなど様々な対策が講じられている。そんななか、映画スターの継父ハリソンの操縦する自家用機でファッショナブルに登場したリアムさんには、

「“リッチ”のレベルが違いすぎる!」
「さすが、ハリウッドセレブの両親を持つだけあるよね」

と羨望の眼差しが注がれており、7月に78歳の誕生日を迎えたハリソンも、自家用機から降り立つ光景がまるで映画のワンシーンのように絵になっていた。しかしそんなハリソンは、これまで度々自家用機絡みのトラブルを起こしているのも事実だ。2015年にはエンジントラブルに見舞われたのち自家用機がゴルフ場に墜落、2017年には自身の操縦する自家用機が100人以上の乗客を乗せた旅客機と接触寸前のニアミス事故を起こしている。さらに今年4月には「他の飛行機が降り立つため、滑走路前で待機するように」との管制塔からの指示を聞き間違え、滑走路を横切ってしまうという致命的なミスも。幸い大事故には至らなかったものの、度重なるトラブルにより「いい加減免許を返納すべき時では?」との声も寄せられてしまった。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)