「ネット上でコロナに感染したいという投稿が続いています」と、司会の国山ハセンが、東京都新宿区で起きた事態を取り上げた。コロナウイルスに感染した区内在住者に10万円を8月下旬をめどに支給する案を吉住健一区長が打ち出したのがきっかけだ。

これに「もらうためにコロナに感染しようか」「クソ不謹慎だけど、見舞金目当てにコロナにかかりたい」といったネット投稿が相次いだ。書きこんだという20代男性は「もらえるならラッキーと思いました。(他人にうつすことは)飲みに行く人もだいたい独身ばっかりなので気にしない」と話した。

新宿区は「10万円目当ての人を除外できるシステムになっていない」

スペシャルコメンテーターの古舘伊知郎(アナウンサー)「雇い止めとか、若い人が困っていれば、こんなことも言いたい気持ちはわからないではないですけどねえ。あまり目くじら立ててもと思う。一方で、中高年にうつせば重症化することも配慮しなければ」

アン ミカ(モデル・タレント)「私は目くじらたてるわ。こういう言葉から行動がつい軽んじられる。軽い気持ちでやってほしくないです。恐ろしい」

新宿区の担当者は「10万円目当ての人がいることは把握しているが、除外できるシステムになっていない」と話している。システムを作ればよさそうなものだが、やる気がないのか。

キャスターの立川志らく「むずかしいシステムではないだろうに。当然、邪(よこしま)な考えの人が出る。支給は医療関係や生活困窮者、重篤な人に限定すればいいんだ」