[ドデスカ - 名古屋テレビ] 2020年6月17日放送の「あらゆるサーチ」のコーナーで、愛知県安城市の寿司店が始めた、寿司とはミスマッチな、新しい宅配サービスが紹介されました。

創業60年の「今寿司」が始めたのは、注文したお寿司を、なんと、筋肉自慢の男性が届けてくれる「デリバリーマッチョ」。1万円以上注文すれば、名古屋市内のオフィスや自宅にマッチョが宅配してくれます。

もちろん、ただ届けるだけでなく、自慢のマッチョな肉体を披露し、一緒に写真も撮ってくれます。

しかし、なぜお寿司とマッチョという意外なタッグが実現したのでしょう?


いい筋肉だ...(今寿司店主のブログより)

社長「マッチョが世界を救っています」

その秘密は、「今寿司」の3代目・杉浦正典社長の肉体にありました。

そう、杉浦さんは、引き締まった肉体の美しさを競う「フィジーク」の世界大会で3位に入賞するほどの実力派マッチョです。

コロナ過で店の売り上げがなくなる中、デリバリーだけは売り上げがあったため、自分の特技を活かして「脱いだらおもしろいかな」と思って始めたそう。

お客さんたちからは、「コロナ禍で疲れているときに元気になりました」「勇気もらいました」などの声をかけられ、評判も上々とのこと。杉浦さん曰く、

「マッチョが世界を救っていますね」

とのことでした。

コロナ禍でこれまでになかったいろいろな宅配サービスの話題を観てきましたが、中でも一番、びっくりしたアイデアでした。確かに、筋肉ムキムキの人がお寿司を届けてくれたら、ちょっとおもしろいですよね。

ライター:iwatami