ワンルームの部屋を片づけるコツを紹介します(筆者提供)

4月からの新生活、就職や進学で、1人暮らしをスタートされる方も多いのではないでしょうか。今回はワンルームで1人暮らしを始める新入社員の皆さん向けに、部屋をロジカルに片づけるコツを、5つのポイントに分けてご紹介します。

◇新卒1人暮らし、最初は片づかなくて当たり前
◇4月中に、休日2時間、確保しよう
◇平日用・休日用を、くっきりと整理する
◇動線をシミュレーションし、効率のいい収納
◇買いすぎ・もらいすぎはNG! 限りあるスペースを大切に

片づかなくて当然

◇新卒1人暮らし、最初は片づかなくて当たり前

「1人暮らしを始めたのですが、部屋がまったく片づかなくて……」という相談を、多く聞きます。新卒で1人暮らしを始めた皆さんは、家が片づかなくて当然の環境にいるのです。

物理的に、部屋の収納キャパシティーを持ち物の数が上回ったとき、部屋の片づけは一気に難しくなり、手間がかかるようになります。新卒社員の場合、学生時代と比較して、

.皀里増える
部屋が狭くなる
K擦靴なる

が一気に起こるため、学生時代にはできていた部屋の片づけが、急にできなくなるのもうなずけます。


通勤用のスーツなどモノがどんどん増えていきますよね(筆者撮影)

通勤用のスーツ・カバン・靴、新しいコスメやサプリメント、PC・書類、付き合いのゴルフ用品一式など……新しい仕事用具が次々に増え、プライベートのアイテムと交ざり、部屋が一気に使いづらく感じる方も多いと思います。

ごちゃついた部屋で生活を続けていると、深刻な五月病に悩まされてしまうかも。早めのタイミングで片づけルールを決めておき、スッキリした新生活に備えましょう!

◇4月中に、休日2時間、確保しよう

仕事が始まってしまうと、なかなか平日に腰を据えて片づけに時間を割くのは難しくなります。3月の引っ越しのときに使った段ボールが、ゴールデンウィークまで未開封状態……なんて方も少なくありません。


1日の終わり、きれいな部屋でご飯を食べて、明日への活力をチャージしましょう(筆者撮影)

片づけは、「整理(ものの意味を考える)→収納(定位置を決める)→整頓(定位置に戻す)」の順に行います。定位置を決めないまま、その場しのぎで「整頓(なんとなく動かす・隠す)」を繰り返していても、永遠に部屋はきれいになりません。早いタイミングで「整理・収納」の時間を設けることで、その後は無理なくきれいな部屋をキープすることができます。

視界に余計なものが入るだけで、「疲れが取れない、くつろげない部屋」となってしまいます。忘れ物や無駄な買い物の原因にもなり、生活効率もダウンしてしまいます。新生活で忙しい時期ではありますが、3〜4月のうちに、休日に2時間だけ、腰を据えて取り組む時間を確保しましょう。

すべての持ち物に背番号をつける

◇平日用・休日用を、くっきりと整理する

まずは整理、「ものの意味を考える作業」に取りかかります。

整理の基本は「全部出し」。引っ越しの段ボールを開封するタイミングは、整理のいいチャンスです。すべての持ちものに背番号をつけて、仕分けていきましょう。


背番号表に合わせ、床に1つひとつのアイテムを広げていきます(イラスト:『モノが多い 部屋が狭い 時間がない でも、捨てられない人の捨てない片づけ』より)

とくに新卒社員の方は、「平日に使うもの」と「休日に使うもの」を、明確に分けることをおすすめします。


大量のコスメアイテムも、どんなときに使うのか、シチュエーション別に分けてみましょう(筆者撮影)

収納場所を決める際も、平日のアイテムと休日のアイテムは明確に分けることで、出し入れがグンと楽になります。

使用頻度が低いアイテムも、「旅行・出張用」「趣味」など、用途で分類していきます。

旅行・出張グッズはチャック付きバッグにまとめてスーツケースの中に入れておくと、急な出張の際も慌てず便利ですよ。

◇動線をシミュレーションし、効率のいい収納を

整理が完了したら、次はものの定位置を決める収納作業に移ります。収納で大切なことは、日頃の生活動線をイメージすることです。

・使用頻度の高いものは、余白を持たせて、ハンディーゾーン(手が届きやすい場所)へ
・使用頻度の低いものは、箱に詰め込んで、バックヤード(手が届きにくい場所)へ

が、収納の基本になります。

動線も意識する

「平日」と「休日」の収納場所を分けることをおすすめします。両開きのクローゼットであれば、出し入れしやすい中央部に仕事着を置き、両端に休日の服をかけます。タンスであれば、上の段に仕事着、下の段に休日の服と、収納場所を分けましょう。


(左)同じタイミングで使うモノは同じ場所にグルーピングしておくと便利です(右)休日のうちにコーディネートを考えておくと朝の身支度もラクになります(筆者撮影)

動線を意識し、同じタイミングで使うものは同じ場所に、グルーピングしておくと便利です。例えば私は玄関に、マスク・ハンカチ・ティッシュ・鍵・時計・香水をまとめて1つのボックスに入れています。忘れ物防止にも便利です。

洋服も休日のうちに、コーディネートを考えておき、組み合わせやすい服を近くに保管しておくと、朝の身支度も時短になります。

出しっ放しを防ぐには?

「朝、準備するときの動線」だけでなく、「夜、家に帰って寝るまでの動線」も、収納を考えるうえでは大切です。夜疲れて家に帰り、服も仕事道具もその辺に出しっ放し、気づいたら部屋がぐちゃぐちゃ……なんてことも、1人暮らしでは頻繁に起こります。ヘトヘトに疲れて帰ってきたときでも、無理せずモノを戻せる設計をしておきましょう。


(左)「洗いたての服とは混ぜたくない服」は、専用のカゴを用意するといいでしょう(右)玄関先にハンガーポールを置いておくと便利です(筆者撮影)

「吊るす収納」はおすすめできない

一度着たけれどすぐには洗わない、クリーニングに出す・手洗いするなど、「洗いたての服とは混ぜたくない服」は、専用のカゴを用意しましょう。休日にまとめて、カゴの中を空にします。外出先から帰ってジャケットやコートを一時的にかけたい場合は、玄関先にハンガーポールを置いておくと便利です。


3cmの間隔を開けて吊るとスッキリ度がUP(筆者撮影)

クリーニングから戻ってきた衣類は、ビニール袋から外して保管しましょう。ビニールに入れたままだと、湿気の原因になってしまいます。

クローゼットなど、備え付けの収納は、奥行きが深すぎ・高さが高すぎで、そのままダイレクトにものを置いてしまうと、デッドスペースが生まれる場合が多いです。メジャーで長さを測ったうえで、収納ケースで細かに区切っていきましょう。


押入れ上の枕棚は、箱収納に最適です(筆者撮影)

「吊るす収納」は、形状を維持する難易度が高く、出し入れのたびに崩れてしまうので、おすすめできません。引き出し式のプラスチックケース、または箱収納を活用するとよいでしょう。

押入れ上の枕棚は、ダイレクトに洋服・カバンを入れると取り出しづらく、雪崩の原因にもなるので、箱収納に最適です。

使用頻度としては月1回以下のものをおすすめします。

◇買いすぎ・もらいすぎはNG! 限りあるスペースを大切に

ライフスタイルの変化で、洋服や書籍、ガジェットなど、新しいものを購入する機会が増える季節です。またコスメやサプリメントなど、忙しい生活の中でついつい買いだめをしてしまう方も、多いかと思います。


サプリメントや栄養食品、出しっ放しはNGです……!(筆者撮影)

しかし、防災用のストック品を除き、趣味嗜好品は、コレクションのように集めてしまうと管理がとても大変になってしまいます。床や棚の上に出しっ放しの状態をデフォルトにすると、掃除も行き届かなくなり、生活効率がダウンしてしまいます……。

ストック在庫は2週間分が目安

ストック在庫は、「2週間分」が1つの目安。「今週使うもの」以外は箱に詰めてストック在庫としてバックヤードで管理をし、今週使うものはカゴにまとめて取り出しやすい場所に定位置を決めましょう。


手に取りやすい場所で、カゴにまとめるとよいでしょう(筆者撮影)

また、入学祝いや親御さんからの仕送りなど、貰い物も多くなる季節です。

「今は使わないけどいつか使うかも」と思ったプレゼント、退去するときまで一度も封を開けぬままなんてことも……。

まずは封を開け、1カ月以内に使う予定がなければ、職場の同僚に譲るなど、手放す方法を考えましょう。


親御さんの仕送りのストック食品も、賞味期限が切れる前に、意識的に食べて消費していきましょう。

1人暮らしを始める新卒社員の皆さんは、4月がいちばん忙しい季節かと思います。

「忙しいから片づけは後回し」としていると、日々の生活効率が落ち、気持ちもふさぎ込んでしまう原因になります。

片づけに手をつけるのは、早ければ早いほどいいものです。まずは今週末2時間、片づけと向き合ってみませんか。