通勤ストレスを感じず、早朝始業もしやすい「在宅勤務」。でも、オン・オフの切り替えがうまくいかなかったり、集中力が途切れてしまったり…デメリットも多いですよね。

「家にいるとやる気がでない」「朝ダラダラして、仕事がなかなか始められない」なんてお悩みを抱えている方は、仕事前におうちでできる「モーティングルーティン」を取り入れて見ませんか?

朝の始業前にルーティン(決まった日課)をこなすことで、頭やカラダをスッキリさせたり、やる気を高めたり…朝のルーティンを上手に取り入れて、仕事を効率化している朝美人さんはとっても多いんですよ!

今日は、在宅勤務に限らず、仕事のモチベーションを上げたい方に試してみてほしい、朝美人さんたちおすすめの「モーニングルーティン」をピックアップしてご紹介します♪

【1】片づけのプロが実践!5つの基本ルーティン

朝からアクティブに活動する朝美人さんの代表!整理収納アドバイザーのゆりんごさんが実践するのは、片づけのプロならではのモーニングルーティン。

1) 起床後はまずカーテンを開ける

2) 白湯(さゆ)を1杯飲む

3) 身支度を済ませる

まずこの3つをすることで、頭をオフからオンに切り替えているそう。そのあとは、もちろん片づけを!

4) 食器の片づけ(前日に洗った食器を、洗いかごから棚に片づける)

5) 寝室のベッドメイク、お布団の片づけ

朝、キッチンの食器をしまうだけでスッキリしてキッチンが使いやすくなり、朝ごはんづくりがスムーズになるのだとか。また、寝室の片づけは、夜に気持ちよく眠りにつくためにも必須だそう♪

たった5つの簡単なルーティンをこなすことで、朝からシャキッとして、気持ち良く1日を始められるなら…真似しない手はないかも!?朝の気持ちをなかなか切り替え出来ない、という方はぜひ試してみて!

もっと詳しく>>

【2】ToDo作りやストレッチで自分と向き合う「30分間のルーティン」

Web会社に勤務し、コンテンツクリエイター、ライターとして活躍されている朝美人アンバサダーのyryrさんは、朝の30分間を使って1日を効率よく、気持ちよく過ごせるよう工夫されています。

yryrさんが毎朝行っているというモーニングルーティンは、全部で3つ!

1) 「To-Doリスト」の作成(5分)

その日にメインで行うこと、通勤時間や休み時間などのスキマ時間でやることを決めてリストアップ。To-Doリストを作成することで、その日のうちにやるべきことが明確になり、時間をうまく活用できるのだそう!

2) カラダをほぐす「ストレッチ」(15分)

デスクワークをしているということもあり、朝のうちにじっくり筋肉をほぐしながらストレッチ。脳で深呼吸をする、脳までしっかりと酸素を届けるイメージで、深く呼吸をしながら行うのがポイントだそうです!

3) 一定期間「好きなこと」を続けてみる(10分)

例えば、ボディーオイルを使ってマッサージをする、コーヒーを淹れる、軽い筋トレをするなどなど。朝が楽しみになるようなことを1週間、もしくは1か月の期間を決めて、毎朝行っているそう。

たとえ1日10分だとしても、毎日続ければ成果はきちんと見えてくるはず。

朝の30分だけでも、かなりの達成感が得られそうなモーニングルーティン。毎朝続ける「好きなこと」を考える作業も楽しみの1つになりますね。

もっと詳しく>>

【3】フリーライターが実践!「朝食前のひと仕事」習慣

朝時間.jpの連載「今日は何の日?」でデイリーコラムを届けてくれていた、フリーライターのなっちゃんさん。フリーランスになってから在宅でお仕事することが増え、時間をもっとうまく活用できるようするために、始業前にやるべきことの順番を次のように入れ替えてみたところ、朝の充実度がぐっとアップしたのだそう。

1) 起床

2) カーテンを開ける

3) 洗顔

4) 紅茶 or カフェオレを作る

5) 軽めの仕事を1〜2つ終わらせる

6) 朝ごはん

7) (時間があれば)軽く家事

8) 仕事再開

このルーティンのポイントは、朝ご飯前、朝起きてすぐの時間に、軽めのお仕事やタスクをパパッと片付けること!朝食前、始業前にすでに仕事が1つ終わっていることで自己肯定感が上がり、さらに朝一番に行うことで集中力もアップしたのだそう。

毎朝の日課を通して、起きてすぐになにか1つやるべきことを終わらせておくだけで、朝の時間がより充実するということを実感しているそうです◎

もっと詳しく>>

【4】始業前にお部屋をリセット!習慣にしたい「朝片づけ」

おうちで仕事をするなら、やっぱり整えておきたいのが家の中の環境。部屋がごちゃっと散らかっていると、それが気になってしまって集中力を削がれることも…。

整理収納アドバイザーのゆりんごさんがおすすめするのは、簡単に実践できる片付けルーティン。始業前の短時間で手軽に、部屋の中を片付けるのにおすすめなのが

1)床に落ちているものを拾う

2)仕事をするテーブルの上は何もない状態にする

この2つ!床とテーブルの上にものがないだけで、見た目の印象がスッキリ。テーブルの上には必要のないものは置かないようにすると、仕事の効率もアップしますよ。もちろん、会社に出勤するときも、この2つをしておくと、帰宅後がとっても快適&楽になるのだとか♪

仕事中目に入りやすいエリアだけでも簡単に片付けて、気持ちよく作業をしましょう♪

【5】働くママの工夫!「まとめてセット」で朝がラクに♪

毎朝4時に起きて、料理や夜ご飯の仕込み、スキンケアや朝のコーヒーを楽しんでいる料理研究家の高木ゑみさん。始業前のルーティンとして参考にしたい、高木ゑみさんの朝の工夫は次の2つ!

1) 苦手なものや頭を使うものは、朝1番最初に!

苦手な作業は、30分や1時間と時間を決めてとにかく集中。朝1番に行うことで集中力がアップするそう!

2) 必要なものをまとめてセットにしておく

例えば朝ごはんのときに、「洋食セット」(バター、ジャム、ヨーグルトなど)、「和食セット」(梅干し、海苔などのご飯のおとも)、「味噌汁セット」(味噌、だし、具)をまとめておいたり、子どもの「幼稚園セット」(持ち物一式をboxに)など、朝に必要なものは何でもセットにしておくと、ゆとりを持って朝を過ごせるのだとか。

朝は子どもに朝ごはんを食べさせて、保育園や学校に送り出してから仕事を始めるという、在宅勤務ママさんも多いはず。働くママでもある高木ゑみさんのモーニングルーティン、真似してみては?

もっと詳しく>>

在宅ワーク中は、通勤時間がない分、会社に出勤する日と同じ時間に起きても、モーニングルーティンを実践しやすいはず。

朝美人さんたちのモーニングルーティン、是非参考にしてみてください!