2010年に発表された小説「首都感染」注文相次ぎ異例の重版

ざっくり言うと

  • 講談社は3日、2010年に発表された小説「首都感染」を1万部増刷した
  • 中国で新型ウイルスが現れ、日本の首相が東京封鎖を決断するフィクション
  • 「予言の書」と評されて注文が相次いでおり、異例の対応が取られる形に

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x