ウィルスに負けない体を作る「発酵食品」の働き

写真拡大

 外出するにあたり、大事となるのがウィルスにかかりにくい体、つまり免疫力を高めておくことが重要となります。

免疫力を高めるために近年、注目されているのが「腸内環境」です。

この腸は、食べ物を消化→吸収する場所ですが、食べ物と一緒に菌やウィルスが定着しやすい場所でもあります。そのため、腸内には侵入してきた菌やウィルスを倒す免疫細胞がたくさんあるのです。

そのため腸内環境を整えることは免疫力アップに必要不可欠なのです。

そこで今回は腸内環境を整える方法ついて説明をしていきたいと思います。

・今すぐ読みたい→
腸内環境を整えるだけじゃない!ヨーグルトの効能とは https://cocokara-next.com/food_and_diet/efficacy-of-yogurt/

発酵食品が腸に良い理由


納豆をはじめ発酵食品は以前から健康維持・免疫力アップに効果があると注目されています。

なぜ発酵食品が免疫力アップに効果があるのか。

免疫力と強く関係しているのが腸内環境です。

腸内環境が整うと健康になると近年、メディアでもよく取り上げられていますが、その理由は人間の免疫細胞の約7割が腸に集まっているからです。

腸内環境を整えることで免疫細胞が働きやすくなり、健康を脅かす有害なウィルスや細菌から体を守ってくれるため、風邪やインフルエンザ、コロナウィルスの予防にも効果が期待されます。

この腸内環境を整える方法として非常に有効なのが発酵食品を積極的に食べることです。

発酵食品とは、乳酸菌や麹菌などの微生物によって食品の成分が分解されて、また別の食品へ変わるものを言います。

食べ物が腐ったものが発酵食品と思っている方もいますが、確かに腐ることと同じメカニズムではありますが、「発酵」と「腐敗」の大きな違いは、人間にとって有用なものを「発酵」、有害なものを「腐敗」となります。

発酵食品は腐敗をコントロールして、人間にとって有害とならないように菌を増殖させてつくられています。

日本では昔から醤油や味噌、納豆など日常に根付いた食べ物で、近年の健康ブームや様々な研究結果から発酵食品への注目度が高まっています。

次は人間にとって有用となる、食品を発酵させる代表的な微生物を紹介します。

発酵に欠かせない微生物

・乳酸菌 代表的な食べ物:納豆、漬物、ヨーグルトなど
テレビでもよく見る乳酸菌は、どこにでも存在する菌で、その種類は200種類以上と言われています。人間の腸内には、約100種類の乳酸菌が存在していて、乳酸菌は善玉菌として悪玉菌と常に戦っていると言われています。

・麹菌 代表的な飲み物:甘酒、味噌など
体内で合成できない必須アミノ酸、ビタミンB群を多く含み、血行を促進して代謝を上げる作用が高くダイエットにおすすめの細菌と言われています。特に甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるくらい栄養補給に最適で善玉菌のエサとなるオリゴ糖が豊富なため腸内環境を整えるのに有効となります。

・酢酸菌 代表的な食べ物:梅干し、酢の物など
クエン酸が豊富に含まれており、クエン酸には腸の蠕動運動を促進、悪玉菌を殺菌する効果があるため腸内環境が整うとされます。

・酵母菌 代表的な飲み物:日本酒など
酵母菌は腸内で善玉菌として働き、悪玉菌と戦って腸内環境を整えてくれます。また糖分やアルコールをガスに分解し、カロリーの吸収を抑える働きもあるためダイエット効果も見込めます。

人間の腸内には上記の細菌以外に約100兆個の菌が住んでいます。

肉やファストフード中心の偏った食生活をすると悪玉菌が優勢となり腸内環境が乱れ、免疫力が低下し、様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

免疫力を高めて、ウィルスに負けない体を維持していきましょう。

[文:JITANBODY 整体院(時短ボディ)(http://jitanbody.com/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
腸内環境を整えるだけじゃない!ヨーグルトの効能とは https://cocokara-next.com/food_and_diet/efficacy-of-yogurt/