トルドー加首相が旅客機撃墜で米批判「緊張激化なければ…」

ざっくり言うと

  • カナダの首相は13日、イランに撃墜された旅客機をめぐり、米国を批判した
  • 最近の緊張激化がなければ、搭乗したカナダ人たちは今ごろ生きていたと発言
  • 司令官への無人機攻撃も、米政府から事前警告があった方が良かったと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x