原発周辺の立入禁止区域が野生生物の宝庫に 福島で米大学が調査

ざっくり言うと

  • 事故で人が住まなくなった福島第一原発の周辺地域を、米大学が調査した
  • タヌキやイノシシ、ニホンザルなどが大量繁殖していることが確認されたそう
  • 中には、立入禁止区域や制限区域の方が生息数の多い動物もいたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x