MBCで放映されたニュース via MBC YouTube CH

写真拡大

◆韓国公営放送が日本の「週刊ポスト」記事を名指しで批判

 韓国の公営放送局であるMBCが、「週刊ポスト」に掲載された記事が完全なる捏造報道であると批判する番組を報道した。

 問題となっているのは、12月9日に発売された「週刊ポスト2019年12月20・27日号」の中で、「91歳の元徴用工『日本からの金は要らない』韓国・文在寅政権が隠す肉声を入手!」という記事。ジャーナリストの赤石晋一朗氏が現地取材を行い、元徴用工らの証言を得たという。
「週刊ポスト」は元徴用工の証言をどのように得、また韓国・MBC放送はそれをどのように報じたのか?

◆「週刊ポスト」は元徴用工の証言をどう書いたのか?

 週刊ポストの記事によれば、元徴用工であった崔漢永氏(91)は、「日本人のほうが韓国人より、いい人が多かったと私は考えています。私が炭鉱で働いていた時代、日本人にはとても親切にされた思い出があります」と答えたという。18歳と年を偽り、15歳で日本に渡ってきた崔氏は、福岡県飯塚市の三菱炭鉱で働いた。記事は崔氏の証言を次のように続けた。

「私は坑道を作る仕事を主にしていました。現場では日本人と朝鮮人が一緒に働いていた。休みは月に1日か2日でしたが、日本人も朝鮮人も同じ労働条件で、同じ賃金をもらっていました。朝鮮人だからと差別や暴行を受けるということもなかった」(同記事より)

 崔氏の証言は更に続く。

「(元徴用工が)裁判を起こしても何も得られるものはないよ。この高齢でお金を手にしてもしょうがないだろう。私はお金もいらないし、補償をして欲しいとも思わない」

 記事は崔氏のこのような証言を列記しながら、「慰謝料ありきで徴用工問題を語る文在寅政権に、静かに異を唱えているようにも思えた」とインタビューを結ぶ。

 記事では崔氏の他に3名の元徴用工のインタビューを行い、「虐待した日本人はいなかった」という証言を掲載している。

◆韓国・MBC放送の取材では全く反対の証言が

 韓国・MBC放送は「週刊ポスト」の記事を受け、「証言」の当事者である崔漢永氏にインタビューを行っている。

 以下は、韓国・MBC放送の取材によるもの。

 ”問題となった記事は、日本の大手出版社が出版する「週刊ポスト」に掲載された。
 文在寅政府が隠す、徴用被害者たちの肉声を入手したとの触れ込みで、4名の実名インタビューを掲載したが、「虐待した日本人はいなかった」、「日本人が、韓国人よりも良かった」と言ったという記事。「既に高齢で、金銭的な補償は望んでいない」という信じ難い証言も登場する。

(週刊ポストの)取材チームがインタビューをしたという、1928年生、今年92歳になる崔漢永氏に会ったところ、先月末に開かれた「強制徴用関連の懇談会」に日本の記者が突然訪れインタビューを求められたという。
(崔漢永氏のインタビュー映像)「私一人でご飯を食べていたら、(日本の記者が)福祉会館に自動車まで持ってきて、補償金はどれくらい貰ったのかを聞き、私を車に乗せ自宅まで…」”

 放送では崔氏のインタビューを続ける。
 以下は、崔氏の証言。崔氏の声は憤っている。

”「日当はその日の飯代にしかならなかった。取っつかまって3年間も炭鉱で働かされたのに、補償をされないなんて話にもならない。何故、補償をもらわない? 謝罪も必要だし、被害補償も必要だ」”

 崔氏の証言は、週刊ポストのそれとは全くもって正反対だ。
 放送には、そのインタビューに付き添った(とオンエアでは紹介されている)、元徴用工の息子でもあり、韓国で強制徴用被害者連合会の代表も務めているチャン氏の「(日本が)『補償も謝罪も必要ない』と歪曲して報道すれば、徴用被害者たちの声も弱化させることが出来ると思っている」というコメントも添えられている。