画像はイメージです

写真拡大

 懲役6年。これは短いか、否か。16日、農林水産省の元事務次官・熊沢英昭被告が長男を殺した事件の裁判が行われ、被告に懲役6年の実刑判決が下された。そんな中、翌17日放送の『グッとラック!』(TBS系)で、立川志らくが、その息子を「モンスター」と呼んだことが波紋を呼んでいる。悲しき息子と父親のやり取りを振り返りながら見ていこう。

 「学生時代、同級生にイジメられた腹いせに、母親に火のついたライターと包丁を突き付けるなど暴力を振るっていたという長男。のちに熊沢被告のツテで病院に就職するも退職し、引きこもり状態に。それでも被告は、長男に寄り添おうと一緒にコミケに参加。朝から晩まで、長男が作った小冊子を売っていたと言います。さらに、同被告は息子と何とか関わろうと、ツイッターのダイレクトメッセージで1000件以上、会話をしていました」(芸能ライター)

 やがて、それまで母親にのみ向けられていた暴力の矛先が、熊沢被告にも初めて向けられたのだ。ある日、被告が彼のゴミ屋敷を見て、「ゴミを捨てなきゃ」と言うと、長男は「ゴミを捨てろとばかり言いやがって」と、見たことのない凄まじい形相で、頭を殴打してきたのだ。凶行はこれが契機だったとされている。ちなみに、殺された長男は発達障害の一つ、アスペルガー症候群の疑いと診断されていることも分かっている。

 こうした経緯をまとめたVTRを見た上で、有識者に意見を求める中、志らくは「かなり同情的な意見もあるけれども 1つ同情できないのは、こういうモンスターの子どもがいきなり生まれたわけじゃない、ちっちゃいころから徐々に徐々に育ててしまったのは親なんですね」と、親の責任論を追及。「それを作ってしまったのは親の責任というのはある」と繰り返し、育て方に疑義を呈したのだ。

 だが、これについてベンチャーキャピタリスト・堤達生氏が「たまたま身近にも似たようなパターンを見ていたことがある」とし、「本当にやっている。ありとあらゆることを……ありとあらゆることをやってるんです」と涙ながらに、親の苦しい胸の内に寄り添っていた。 SNS上では、そんな志らくの「モンスター」発言に、「志らくひでえな発達障害の被害者をモンスターって言ってるし!コメンテーターが涙ぐんで状況を代弁してんのに、TBSはサイコパスみたいなMCでいいの?」「なんで被害者ディスってんの?」といった反対意見も。一方で、「ほんとオヤジさんは頑張ったと思う」「マジで長男がクソすぎる」「アスペルガーなんだよね、、、治せないから本人も周りも壮絶なんだよ。バイト先にいたけど手のほどこしようがなかった」と、追い込まれたゆえの犯行と見るユーザーも多い。