空港ラウンジというフィールドも“支配”してしまったオールブラックス

写真拡大

 ラグビーワールドカップ(W杯)の熱戦が続く。初の日本開催となった今大会は、日本代表が開幕戦のロシアに続き、優勝候補のアイルランドも破る快進撃で始まり、列島は興奮のるつぼと化している。

 単一スポーツの国際大会としては、サッカーのW杯に次ぐ2番目の規模という大きなスポーツイベント。応援する各国代表のレプリカジャージを着た外国人観光客たちの姿が、あちこちで見られている。期間中は40万人もの外国人が日本を訪れ、2330億円もの経済効果が見込まれるという。
 
 そんな大興奮のさなかの9月下旬、世界のラガーマンたちの豪快な姿が目撃された。

 東京・羽田空港出発ゲート内のバス待合ラウンジ。数十人の屈強な男たちが、出発の時を待っていた。ニュージーランド代表「オールブラックス」の選手たちだ。南アフリカとの優勝候補対決を制し、カナダとの第2戦が行われる大分に向け、移動するところだった(その後、10月2日にカナダに63対0と快勝)。
 
 ラウンジに降りてきた客たちが思わず驚いたのが、その選手たちのリラックスした姿だった。

「大柄な男性たちが、ラウンジのイスや床をベッド代わりにして寝転がったり、イスを使ってストレッチをしたり。出発までの時を思い思いに過ごしていたんです。さすがに床で寝るのはどうかと思いましたが(笑い)」(一般客男性)

 メンバーたちは一般客の邪魔にならないようラウンジの後方で過ごしていたが、巨体の存在感がありすぎて目を引いたようだ。上下青のチーム公式ウェア姿ということもあってか、気付いた乗客たちからあっという間に囲まれ、サインや写真撮影を求められていた。

 オールブラックスは、世界最優秀選手に2度も輝いた司令塔のボーデン・バレットや、無尽蔵のスタミナを誇るフォワードのサム・ケーンらを擁する、優勝候補筆頭。W杯では世界最多の3度の優勝を誇り、今大会では前人未到の3連覇を目指すスーパースター軍団だが、この日はサイン責めにも笑顔で気さくに応じる神対応を見せた。

 搭乗の際も優先搭乗することもなく、一般客と同じようにバスに乗り込んでいた。“紳士のスポーツ”と言われるラグビー。その頂点に立つ者たちは、体だけでなく心も大きかった。