さとふるが「令和元年台風15号被害 緊急支援募金サイト」を開設〜11自治体の寄付受け付けを開始〜

写真拡大 (全6枚)

さとふるは、先日の台風15号により被災した地域の支援を目的に、「令和元年台風15号被害 緊急支援募金サイト」(https://www.satofull.jp/static/oenkifu/201909_typhoon_15.php)を開設した。

本サイトでは、ふるさと納税制度を活用して、被災自治体に1,000円から1円単位で指定した金額を寄付することができる。また、さとふるが同自治体から収益を得ることはなく、寄付決済手数料はさとふるが負担する。

■「令和元年台風15号被害 緊急支援募金サイト」掲載自治体※(2019年9月12日午後5時時点)
・茨城県神栖市
・千葉県銚子市
・千葉県東金市
・千葉県君津市
・千葉県袖ケ浦市
・千葉県八街市
・千葉県南房総市
・千葉県香取市
・千葉県九十九里町
・千葉県横芝光町
・静岡県伊東市

※ 被害の状況と自治体からの要請により今後掲載自治体が追加となる可能性があります。また、対象自治体からの寄付金受領証明書送付が遅れる可能性があります。あらかじめご了承ください。





■プレスリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
・NTTタウンページがWixと業務提携を発表!中堅中小企業の営業支援ツールを展開
・ワールドワイドで数万人を超えるITプロフェッショナルのコミュニティを運営するCompTIAがメディアセミナーを開催
・ヤマト運輸、宅急便がスマホで便利に・おトクに送れるサービスを開始。匿名配送やオンラインでの事前決済も
・CEプラットフォームのリプロが海外事業の本格展開を開始!国外初の拠点としてシンガポールに子会社を設立
・ジャパンネット銀行、顧客サポートを拡充、AIチャットから有人チャットへの連携を開始