左上から時計回りに武田玲奈、佐藤大志、酒向芳、いとうまい子、豊嶋花、辻本達規(BOYS AND MEN)

写真拡大

連続ドラマ『おいしい給食』の追加キャストが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

市原隼人が主演を務める同作は、1980年代のとある中学校を舞台に、給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウが、どちらが給食を「おいしく食べるか」を競うなかで成長していく姿を描いた作品。監督は綾部真弥、田口桂が務め、脚本は綾部、田口に加え、同作の企画を手掛けた永森裕二が担当する。

今回出演が発表されたのは、武田玲奈、佐藤大志、豊嶋花、辻本達規(BOYS AND MEN)、いとうまい子、酒向芳。武田玲奈は甘利田が働く常節中学校に赴任してくる新米教師・御園役、佐藤大志は甘利田に挑戦状を叩きつける男子生徒・神野ゴウ役、豊嶋花は神野に思いを寄せる藤井マコ役、辻本達規は甘利田の同僚・鷲頭星太郎役、いとうまい子は給食調理員・牧野文枝役、酒向芳は校長・渡田寛治役をそれぞれ演じる。

市原と初共演となる武田は、市原について「毎回台本以上の事を見せていただけるので、とても勉強をさせていただいていますし、撮影が本当に楽しいです。撮影中も監督さんや生徒役の方たち、私も笑いをこらえながら撮影しています。とても素敵な俳優さんだと思いました!!」とコメント。佐藤は同作について「甘利田先生とゴウの2人しかわからない闘い、クラスで起きる問題、甘利田先生の食べ物の知識など見所たくさんです。給食を思い出しながら楽しんでいただけたら嬉しいです」と述べている。