吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日、都内で記者会見を開催。一連の騒動について謝罪し、明石家さんま松本人志が「芸人ファーストでサポート体制の確立」について、協力を申し出たことを明かした。

【写真】涙ながらに会見を行う吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長

 岡本社長は会見で「芸人ファーストの体制ができていなかった」ことを謝罪。今回は雨上がり決死隊の宮迫博之が契約解除となり、ロンドンブーツ1号2号の田村亮をはじめ多くの芸人が謹慎処分となったが、さんまから「芸人のことを考えてやってほしい。もちろん会社の立場もあるだろうけど、もし(契約を)解除するんだったら、俺が手伝ってやってもいいか」と伝えた。

 また、松本からも「そういうちょっと間違いを犯した子たちをサポートする環境を作って、それは俺も手伝うと、おっしゃっていただきました」と涙をこらえながら感謝した。

 松本は20日の宮迫と亮の会見を受けて同日夜、岡本社長と大崎洋会長、東野幸治の4人で会談を行い、岡本社長が会見を行うことを決定。21日に生放送されたフジテレビ系『ワイドナショー』にVTR出演した岡本社長は昨日のような会見をタレントにさせてしまったことを大変心苦しく思っており、あす私の方から会見を開かせていただいて、ご説明させていただければと思います」と報告した。