佐々木朗希が194球投げ抜き勝利 安堵感からか号泣

ざっくり言うと

  • 甲子園を目指す大船渡の佐々木朗希が21日、岩手県大会4回戦に先発出場した
  • 延長12回まで194球を投げ抜き、4−2で勝利した瞬間にはガッツポーズ
  • しかし応援席へ挨拶に向かうときには、安堵感からか号泣していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング