日本の芸能史におけるジャニー喜多川さんの功績は数知れない(多くの報道陣が集まったジャニーズ事務所前)

写真拡大

 男性アイドルの歴史は、SMAPを分岐点に大きく変わったと言われる。7月10日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は、どんな思考で彼らをプロデュースしていったのか。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で、ジャニー氏のプロデュース力やエピソードを細かく解説している、芸能研究家・岡野誠氏が考察する。

ジャニーズ事務所を出るタレントを乗せたとみられる車(9日深夜)

 * * *
 ジャニー氏がSMAPをバラエティ番組へ進出させたことは、大きな功績として知られている。だが、それだけでなく、ジャニー氏はSMAPに対して、それまでのグループとは違う戦略を、もう1つ立てていた――。

 SMAPが結成された1988年、ジャニーズ事務所では光GENJIが大フィーバーを巻き起こし、デビュー9年目を迎えた田原俊彦が主演ドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ系)の主題歌『抱きしめてTONIGHT』で復活を遂げていた。

 人気歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)ではこの年、52週中51週にジャニーズ事務所のタレントがランクイン。プロダクションとして、1つの頂点を迎えていた。

 同年12月5日、NHK紅白歌合戦の出場者が発表され、田原俊彦が2年ぶりに選出される。しかし、前年に紅白落選の憂き目に遭った田原は出場を固辞。ジャニー氏はディナーショーのリハーサル現場を訪れ、スタッフとともに説得に当たったが、田原は首を縦には振らなかった。

 話し合いが終わると、ジャニー氏は意外な話をしていた。田原のバックダンサーを務めていた木野正人は拙著『田原俊彦論』の中で、その時の様子をこう話している。

〈僕が控え室に行くと、ジャニーさんがトシちゃんのマネージャーに『(稲垣)吾郎が芝居上手いんだよ』と興奮気味に話していた〉

 ジャニー氏は事務所にとって大きな話し合いの直後も、SMAPという新鋭について考えを巡らせていたのだ。

 この約10日後、1989年4月開始のNHK連続テレビ小説『青春家族』のキャストが発表され、稲垣の名前が連なっていた。1990年も映画『さらば愛しのやくざ』に出演し、役者としての能力を伸ばしていった。

 稲垣に限らず、SMAPのメンバーは歌手デビュー前からソロとして活躍していた。森且行は1988年、『3年B組金八先生』(TBS系)の第3シリーズに生徒役として出演。1989年、『ツヨシしっかりしなさい』(日本テレビ系)では主演を務めた。木村拓哉は同年、蜷川幸雄の舞台『盲導犬』で鍛えられている。

 SMAPの『がんばりましょう』がヒットチャートを賑わせた1994年、ジャニー氏はこう語っている。

〈普通はグループを結成してだんだんうまくいかなくなると個々の活動をはじめるのですが、SMAPは逆。はじめから個々で活動させているわけです〉(『週刊女性』1994年12月6日号)

 バラエティ進出だけでなく、もう1つ“ソロ活動を積極的に行なう”という戦略も見事にハマった。世の中が光GENJIフィーバーに沸いている頃も決して浮かれることなく、次のグループをどうプロデュースするかを熟考していた成果が現われたのだ。

 1990年代当時の芸能界では、メンバーのソロ活動が活発になると、マスコミがすぐに解散を騒ぎ立てたが、今はその風潮もなくなった。SMAPが個々の活動をグループに還元していき、時代を変えたからだ。

 ジャニー氏の先を見据えた戦略によって中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、森且行、草なぎ剛、香取慎吾という個人名も世の中に知れ渡っていき、SMAPは国民的アイドルグループへと成長していった。

●文/岡野誠:ライター・芸能研究家。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)は3刷に。関係者への取材により、ジャニー喜多川氏が『抱きしめてTONIGHT』のバックダンサーを決定する経緯などのプロデュースに関するエピソードも随所に綴られている。