当事者トラブルを仲裁しようと試み「暴行」裁判官が依願退官

ざっくり言うと

  • 2018年11月、神戸地裁姫路支部の敷地で訴訟当事者同士のトラブルが発生
  • 仲裁しようとして男性を突き飛ばしたという裁判官は、書類送検された
  • 暴行罪で罰金10万円の略式命令を受け、裁判官は10日付で依願退官した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング