<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全5枚)

2019年5月20日、市場調査会社Canalysが全世界のスマートスピーカーについての調査結果を発表した。

2019年第1四半期、世界のスマートスピーカーは131%成長の2,070万台となる。そして国別では中国が全体の51%で首位に立つという。

●国別統計

Image: Canalys

国別でみると中国は2019年第1四半期に前年同期比で500%近く成長し1,060万台に達した。結果、米国を抜いて世界最大のスマートスピーカー市場となった。中国の増加は、各ブランドが派手な販促キャンペーンでシェア獲得を進めたことによる。米国は2018年Q4の44%から2019年Q1で24%に相対的に低下した。

●ブランド別統計

Image: Canalys

ブランド別の表も発表された。以下グラフにしたもので解説する。

●出荷台数推移

Image: Canalysのデータを元にrobot startがグラフ化

ブランド別出荷台数ではAmazonがトップ、ついでGoogleとなった。しかし注目は中国勢だ。特にBaiduは去年ゼロから今年で一気に成長したことがわかる。Baiduは中国最大の娯楽番組のスポンサーとなり、番組でクーポンを大量に配布し、自社スマートスピーカーの拡販につなげたという。AlibabaとXiaomiも旧正月前後にセールを行い成長を維持した。

●市場シェア推移

Image: Canalysのデータを元にrobot startがグラフ化

市場シェアを円グラフにすると、中国勢の3社が15%前後で僅差でシェア争いしていることがわかる。なお、このレポートではAppleはOhtes扱いとなっている。

Source:Canalys

(中橋 義博)