『ブルー・ダイヤモンド』ポスタービジュアル ©2018 MARS TOWN FILM LIMITED

写真拡大

映画『ブルー・ダイヤモンド』の日本公開日が8月30日に決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

【動画と画像を見る(2枚)】

キアヌ・リーブスが主人公のアメリカ人宝石商ルーカス・ヒル役を演じる同作は、ロシア・シベリアを舞台に、希少なブルーダイヤモンドを求めてマフィアと駆け引きする様子や、刹那の恋を描いた作品。リーブスは劇中でロシア語を披露しているという。

予告編では、キアヌ・リーブス演じるヒルがブルーダイヤモンドを品定めする様子や、既にダイヤの売買を成立させていたロシアンマフィアから「2日後に持ってこい」と要求される場面、ブルーダイヤモンドの行方を追って向かったシベリアで猟銃を使いこなす集団とガンアクションをするシーン、カフェの女主人カティアの姿などが確認できるほか、ポスタービジュアルには「その地では、いかなる輝きも凍りつく」というコピーと共にヒルらの姿が写し出されている。