イチローは引退後も打撃の求道者であり続けるのか(時事通信フォト)

写真拡大

「多分明日もトレーニングはしていますよ。じっとしていられないから、動き回ってますね。ゆっくりしたいとかは全然無い。動き回ってますね」──3月21日、イチローは引退会見で「これからは、野球に費やしてきた時間とどう向き合うか」と聞かれ、平然とこう言った。

 イチローと親交のある和田アキ子は、『アッコにおまかせ!』(TBS系)で24日朝に電話で話したことを打ち明け、「何してたの?って言ったら、トレーニングしてるって。試合には行かないけど、健康のためにはトレーニングは必要だって」と会話の内容を披露した。だが、本当に“健康のため”だけに体を動かしているとはにわかに信じ難いだろう。

 なぜ、イチローは引退後もトレーニングを続けるのか――。

 日米通算4367安打という大記録を打ち立てたイチローの気持ちを理解できるのは、同じような境遇に立つことができた者だけかもしれない。

 イチローが尊敬してやまない“世界のホームラン王”である王貞治は、1980年11月4日に引退を表明。会見の最後、王はこう語っている。

〈バッティングは難しい。自分のタイミングで自分のポイントでいかに球をとらえるか、二十二年間やりましたが、つかみきれないまま、きょうを迎えました〉(毎日新聞・1980年11月5日付)

 空前絶後と思われる通算868本塁打を放った王でさえ「バッティングは難しい」という言葉を残して、現役生活にピリオドを打った。

 引退と同時に巨人の助監督に就任した王は、会見翌日、多摩川グラウンドに姿を見せると、おろしたての圧縮バットを手にケージに入り、40スイングでサク越え5本を記録。現役最後となる東西対抗戦や秋のオープン戦が控えていたとはいえ、引退直後も現役時代と同じように練習に励んだ。

〈習性だね。あれこれ考えて打ったよ。バットの一か所で打てたし、シーズン最後よりずっと飛ぶ。きのうは4-0だったから──なんて思わないから気分よく打てたのかな。上出来〉(報知新聞・1980年11月6日付)

 このコメントからわかるように、王の打撃への追求心は消えていなかった。

 同年11月8日に行われた東西対抗戦では4打数4安打と大爆発。7回表には中日・小松辰雄の145キロのストレートを捉え、逆転3ランを放つ。14日からの阪神とのオープン戦3連戦には4番・一塁で先発出場。最終打席となった16日の5回裏、宮田典計の直球を叩くと、打球は右翼席上段へ。公式戦、オープン戦、日本シリーズ、オールスター戦、東西対抗戦など、日本球界で“通算1032号”となる豪快な一発で幕を閉じた。引退会見後も、打撃について考え続けた結果、生まれた一撃だったのではないか。

 ロッテ時代の1982年、1985年、1986年と3度の三冠王に輝いた落合博満は、イチローの引退に関しての取材で〈45歳になる年まで現役だった俺の経験でいうと、実績を残し続けることで、アドバイスしてくれる人が周りに居なくなった。それにいちばん苦労した〉(朝日新聞・2019年3月24日)という大打者なりの苦悩を挙げ、自身の衰えをどうカバーすれば良かったかを語っている。それは、現役を退いた後にわかったという。

〈若い時分には到底分からない。30代のベテランでも理解できないだろう。俺が気づいたのは、ユニホームを脱いで何年も経ってからだった。でもな、自分の経験をいつか後輩たちに伝えられれば、それはそれで財産なんだろうなと思う〉(同上)

 引退しても、落合はなぜ自分が現役晩年に打てなかったのか考え続けていたのだ。

 思えば、イチローは会見で「引退を決めた、打席内の感覚の変化は?」と問われると、「いる? ここで。裏で話そう、後で(笑)」とおどけて見せた。引退会見で衰えや打撃について真面目に語っても一般受けすると思わなかったのか。それとも、照れ隠しなのか。

 きっと、イチローは引退後もトレーニングをしながら、どうして自分が打てなくなったのかを考えているはずだ。

 プロ野球史に名を残す大打者たちは、表舞台を去った後も頭から離れなかった打撃理論を後進に伝えている。王は巨人、ダイエー・ソフトバンクで計19年間監督を務め、吉村禎章、小久保裕紀、松中信彦などの打者を育てた。落合も中日の監督生活8年間で和田一浩や森野将彦などに卓越した理論を伝授している。

 イチローは引退会見で、「監督は絶対無理ですよ。これは絶対がつきますよ。人望がない。本当に。人望がないんですよ、僕。いやぁ無理ですね。それくらいの判断能力は備えているので」と口にした。

 人望がないはずはないが、たとえ監督でなくても、プロであってもアマチュアであっても、ぜひともイチローの技術を野球界に伝承していってほしい。(文中敬称略)

●文/岡野誠:ライター・芸能研究家。研究分野は田原俊彦、松木安太郎、生島ヒロシ、プロ野球選手名鑑など。本人へのインタビューや関係者への取材、膨大な資料の緻密な読解を通して、田原俊彦という生き方を描いた著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)が話題。