舞台を降板した黒木瞳と代役の浅野ゆう子

写真拡大 (全5枚)

 舞台『細雪』に出演する予定だった黒木瞳(58才)が降板することがわかった。一体何があったのだろうか──。

《黒木瞳さんどうした?》《史上初のOG4姉妹を見たかったのに》《4姉妹の要の長女が降板!? どういうこと!?》。宝塚ファンが騒然となる“怪事件”が起きた。

 来年5月に東京・日本橋の明治座で舞台『細雪』が上演される。『細雪』は谷崎潤一郎の名作。昭和10年代の大阪船場の老舗木綿問屋を舞台に、戦争に向かって揺れ動く時代を美しく優雅に生きる4姉妹の姿を描く。映画やテレビで何度も実写化され、舞台の上演回数は昨年1500回を超えた。

 今年5月に発表されたキャスティングは、長女役に黒木瞳、次女に一路真輝(53才)、三女に瀬奈じゅん(44才)、四女に水夏希(46才)と、元タカラジェンヌのトップがズラリと勢ぞろい。「オール元宝塚」にファンは色めきたった。

 ところが、11月14日、ツイッターにこんな投稿がされた。

《明治座にて、来年5月公演『細雪』に長女・鶴子役で出演させていただくことになりました》

 ファンが驚いたのは、この投稿をしたのは黒木ではなく、浅野ゆう子(58才)の事務所だったからだ。

 明治座公式サイトの『細雪』チラシに掲載された黒木の写真はいつの間にか浅野の写真と入れ替わり、「元タカラジェンヌたち」の宣伝文句は消えた。明治座からは説明もなく、キャスト変更の公式発表すらしていない。

「黒木さんサイドから、“出演を辞退したい”と突然の申し入れがあったそうです。理由は共演者にも説明されていません。“衣装と脚本が気に入らなかったからだ”という話が出ていますが、それだけで降板までするのかという疑問もあって…」(舞台関係者)

『細雪』は過去に淡島千景さん(享年87)、八千草薫(87才)ら名だたる宝塚OGが4姉妹を演じてきた。しかし、今回のように4姉妹全員が元宝塚というのは史上初。黒木にとってはそこにも違和感があったのか。

「元宝塚でそろえたのは、主催者側が話題性を狙った面もある。2017年の前回公演では、客席が埋まらないこともあったそうですから。ただ、黒木さんとしては“それって女優としての実力でちゃんと選んでるの?”と思うところはあったようです。元宝塚としての格も違う。“今さら宝塚をウリにするのってどうなの”という気持ちもあったのかもしれません」(宝塚関係者)

 突然の降板に舞台裏は慌てた。

「代役選びに主催者側は奔走。浅野さんに頼むことになった。『細雪』は大阪が舞台なので、関西弁を話せる女優が望ましく、兵庫出身で黒木さんと同い年の浅野さんは適役。しかも明治座の舞台にはこれまで何度も出演していて縁が深く、声がかけやすかったようです。でも、黒木さんと浅野さんでは身長や雰囲気も違うので、黒木さん用の着物は使用できない。そこで11月24日に急きょ、改めて衣装合わせを行ったそうです」(前出・舞台関係者)

 黒木はというと、自分の代役が浅野になったと聞き、複雑な表情を浮かべたという。

「2人は1996年にドラマ『義務と演技』(TBS系)で共演。『夫婦間のセックス』がテーマのドラマは話題となり高視聴率を記録しましたが、主演の浅野さんが演出に難色を示し、現場の雰囲気はあまりよくなかったそう。黒木さんとしては“やりづらい”中で距離をとっていた部分もあったそうで、そんな彼女との“因縁”を思い出したのかもしれません」(芸能関係者)

 細雪ではなく“暴風雪”を吹かせたようだ。

※女性セブン2018年12月13日号