「私は女帝でもなんでもいい」塚原千恵子氏が現状への疑問を突きつけ

ざっくり言うと

  • 9日の番組では、パワハラ騒動の渦中にいる塚原夫妻へのインタビューを放送
  • 千恵子氏は「もう言われ放題で」と、現状への疑問付を突きつけた
  • 「私は女帝でもなんでもいい。(夫と息子の)名誉を回復したい」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング