慰安婦像の設置を受け入れた米サンフランシスコ市との姉妹都市提携の解消を表明した吉村洋文・大阪市長は24日、サンフランシスコ市長から「交渉、議論の余地はない」として、要請していた面会を断られたことを明らかにした。共同通信が報じた。

 吉村氏はサンフランシスコ市長に直接会って受け入れないよう求める意向だったが、23日に面会を拒否するメールが届いたという。今後、幹部会議で提携解消を正式決定し、12月中にサンフランシスコ市に通告する意向だとした。

慰安婦像問題で面会拒否 米側「交渉の余地ない」(共同通信)